MENU
VLOGはじめました!【週末ルーティン】発信中!

40歳までに自己投資してよかったもの3選

もうすぐ41歳になります。

これまでの人生を振り返って

みなさんにおすすめする「自己投資」を3つ厳選しました。

日曜なので

ゆっくりまったり読んでください。

目次

40歳までに自己投資してよかったもの3選

早速結論をお伝えします。

40歳までに自己投資してよかったもの3選
  1. ICL手術(視力矯正手術)
  2. NV350キャラバン
  3. 音楽機材

です。

今回の3選には入っていませんが

人生において最強のコスパ高い自己投資は「読書」です。

いちばん確実な自己投資ないかなあー

って思っている方は「読書一択」です。

本への投資は

確実に回収できて

自分の血肉になることは間違いありません。

書籍代という安いコストで

確実に人生を豊かにしてくれたり

生活にふりかかるリスクをあらかじめ排除する知恵を

身につけることができますので

まず「自己投資」をするのであれば本を読みあさってください。

おすすめは「Amazon Kindle Unlimited」という月額980円サブスク。

ようするに電子書籍読み放題のサービスです。

では今回は読書という自己投資をのぞいて

実際に投資としてお金をかけて得たリターンで

フィジカル的にも人生において最強だった自己投資を紹介します。

ICL手術

ICLとは眼内にレンズを入れて

視力を矯正するという手術です。

2020年にICL手術を受けて

両目0.001から1.5まで視力が回復しました。

かかった費用は65万円ぐらい。

得たリターンはプライスレスです。

ICL手術について詳しい内容は

こちらの記事にまとめているので

ぜひご一読ください。

あわせて読みたい
【視力矯正】ICL(眼内コンタクトレンズ)手術記録まとめ【レーシックより良い?】 こんにちは 毎朝5時から朝活をして『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いているパパスタ@papasta7と言います。 さてぼくは2021年自身初となる手術である...

視力が悪い人は迷わずICL手術をするべき

いま、視力が悪くて悩んでいる人、困っている人は

即行動でICL手術を受けるべきだと考えています。

理由は3つ

  • 確実に人生のQOLがあがるから
  • どこかでメガネの人生かICL手術するを選択する必要があるから
  • おなじ高額をだすなら若いうちにやって目が見える人生をより長くするべきだから

です。

実は人間の目は「一生コンタクトレンズをしておく」ということができません。

人間の目はコンタクトレンズを装着することで

目の細胞がすこしずつ死んでいきます。

目の細胞は一度減ると増えることはありません。

細胞が一定数減ると

レーシックやICL手術をすることができなくなります。

もちろんコンタクトレンズを装着することもできなくなります。

ようするに

だれしもがどこかのタイミングで

コンタクトレンズを卒業して

メガネの人生にするのか

ICL手術やレーシックを受けるのか

を選択することになります。

高額をだすなら若いうちにやっておく

高額をだすなら若いうちにやって目が見える人生をより長くするべき

もう一つの理由として

どうせ高額手術費用を支払うなら

長い時間恩恵を受けた方が得ということ。

たとえば、ぼくは39歳でICL手術を受けました。

今後数年で老眼になります。

ICL手術を受けても

メガネなしの生活は10年ぐらい。
(近視メガネは不要でも老眼鏡が必要になるから)

39歳で手術を受けると

65万円支払ってメガネなしの生活が10年。

21歳の人が手術を受けると

65万円で30年間メガネなしの生活を得ることができます。

さらにいうと

ぼくは39歳まで2WEEKコンタクトレンズやメガネを数種類使っていました。

コンタクトレンズを始めた18歳から換算しても

コンタクトレンズ代+メガネ代≧ICL手術費用です。

ようするに

将来的に支払うコンタクトレンズ費用やメガネ費用を考えても

ICL手術は早ければ早い方が吉です。

実際に手術を受けたぼくが力を込めて言いたいことです。

今、視力で悩んでいる人は

とにかく病院へ無料診察だけでもするべきです。

ICL手術の全記録はこちら

NV350キャラバン

2番目に有効だった自己投資は

我が家の愛車「NV350キャラバン」を買ったことです。

350万円ぐらいの投資で

維持費もそこそこかかっていますが

リターンはでかかったです。

NV350キャラバンを買って

良かったことを3つにまとめると

  • ベットキットを積むことでホテル代が無料
  • どこでも気軽に旅に出れる
  • ディーゼル車なのでガソリン代が安い

です。

NV350キャラバンは

ハイエースなどと一緒で

4ナンバー貨物自家用車です。

1年車検になるので

あまりファミリカーとしては選択されにくい車種ですが

我が家の場合は、買って本当大正解でした。

あわせて読みたい
【ハイエース】3年間自家用貨物(4ナンバー)に乗って感じたメリットとデメリットを解説【NV350キャラバ... 車内泊やキャンプに便利が良さそうだけれど実際に自家用としてハイエースを使うのはどうなんだろう? こういった疑問にお答えします 記事を読んでいただくことで ハイエ...

どこでも旅に出れる

今の時代は、新型コロ助が流行っているため

気軽にホテルや新幹線移動での家族旅行がしにくくなってきました。

しかしNV350キャラバンがあれば

思い付きで即旅行に出ることができます。

なぜなら荷台にベットキットを組んでいるので

いつでもどこでも移動式ホテルになるからです。

「ちょっとあそこの水族館にいってみたいな」ってなれば

金曜日の夜に荷物積み込んで出発!

途中のサービスエリアや道の駅で仮眠!

翌日朝一で目的地観光!

ってことができます。

実際に思いつきで車内泊旅した動画はこちら

キャラバンを買ってからの旅行を

すべてホテル泊していたと思うと

かなりの金額になっていると思います。

でもキャラバンがあれば宿泊費はタダ。

宿泊費をうかせることで

現地の美味しいご飯

経験・体験にお金を支払うことができます。

しかも車種にあったベットキットがあれば

想像する以上に

かなり快適に寝ることができます。

キャラバンやハイエースは「動くホテル」と言っても過言じゃありません。

我が家が使用しているベットキットはこちら

ベットキット組むならMGRさん一択です。

音楽機材

興味や趣味の領域ではありますが

音楽機材はぼくの自己投資の中で

かなり大きなリターンを得ています。

これまで機材にかけている費用は

200万円を超えています。

それでも人生において考えると

かなり大きなリターンを得ています。

理由を大きく3つにまとめると

  • 「曲を作る」というスキルが身に付いた
  • 音楽が作れるといろいろなことに応用ができる
  • 楽器が弾けると単純にモテる

からです。

ぼくの場合は「音楽機材」ですが

画材道具やスノーボードグッズ、釣りグッズ、ゴルフグッズなどなど

なんでもいいです。

ようするに「趣味」であっても

自分なりにこだわりを持って

考え抜いて所有しているモノは

自己投資として確実にリターンを得ることができるということです。

ポイントは「感覚的に」やるのではなく「考えて」やる

所有している音楽機材

現在所有している楽器は

  • オーダーメイドのエレキベース
  • エレキギター
  • エレキアコースティックギター
  • フラメンコギター
  • エレキウクレレ
  • midiキーボード2本
  • エフェクター各種
  • ダイナミックマイク
  • コンデンサーマイク

などなど

20代でバンドをやっていたので

たくさん楽器を持っています。

ぼくが今回自己投資として買ってよかった機材は

フィジカルな機材だけではありません。

家で音楽を作る際に必要な

  • Macbook Pro
  • Logic Pro(Mac用ソフト)
  • さまざまなプラグイン

こういった「デジタル上の機材」も

かなり有益な自己投資でした。

なぜなら

楽器だけを持っていても

曲を作って録音することができません。

自分で作った曲を

音源という形に残すことができません。

ぼくの場合、作った曲を録音してカタチにするには

Macbook Proの性能と

「Logic Pro」というMac専用の作曲ソフト(有料)

音の迫力を出したり、曲のバランスを作るプラグイン(有料)

が必要でした。

逆に言えば

この3つさえあれば

誰でも家で1人でも音楽を作ることができます。

ちなみにYASOBIのAyaseさんも

Macbook Pro(2010)
Logic Pro(Mac用ソフト)

だけで1人で曲作りされています。

(ミックスは他の人にお願いしているみたいですが)

作曲ソフトやプラグイン、音楽を作る機材は無料のものは使いません。

考えて、調べて選んで買っています。

結果的に市販のCDばりに音の迫力(音圧)を作ることができています。

お金をかけることで「かならず自分の身になるように」と努力をするからです。

人間は損をしたくない生き物です。

有料のアイテムを買うことで

結果的に自分のスキルになって回収できます。

(努力は必要)

音楽を作れるというスキル

趣味でやっている「音楽」ですが

結果的に色々なシーン、特に音楽シーンではないところで役立っています。

具体的には

  • 自分のオリジナル楽曲を発信できる
  • 友達の結婚式などで余興を頼まれる
  • YouTube等などでサクッとBGMを作ることができる
  • 物を生み出すという作業で脳が活性化される

って感じです。

たとえば最近YouTubeをはじましたが

フリー素材の無料BGMは使わず

オリジナルBGMを作って使ってます。

(ジングルはiMovieに入っているものを使っている)

YouTuberはたくさんいますが

自分でBGMを作っているYouTuberは少ない。

ようするにそれだけで差別化できるということです。

YouTube BGMを作った時の動画

「趣味」は特別なスキルに繋がりやすい

ぼくの場合は音楽ですが

絵でもゴルフでも釣りでもなんでもいいと思います。

たとえば絵を描くのが好きなのであれば

iPadとApple pencilを買えば

デジタルアートをサクッと描くことができます。

これをNFTにして世界に発信すれば

ひょっとすると大当たりするかもですよ!?

あわせて読みたい
【誰でもわかる】「NFT」の要点だけめちゃくちゃわかりやすく解説【初心者オススメ】 最近、ちょくちょく聞くようになったけど「NFT」ってなによ? といった疑問にお答えします。 この記事を読んでいただければ 最近、世界で「NFT」についてサクッと理解す...

好きなことをやって

それが仕事になればいちばん良いです。

好きなモノを感覚だけで楽しむのではなく

スキルとして身につけることで

「他の人に教えること」ができます。

他人に教えるというのは立派なスキルです。

「教える」って言っても

身内や友達だけに教えるのではなく

ブログやYouTubeを使って世界に発信すれば

あなたの「やり方」を欲している人に刺さります。

たいせつなことは

趣味をするときに感覚だけでやるのではなく

考えながらやる、思考しながらやることによって

再現性が生まれるし

脳にとって良い刺激になります。

たとえば

「老後生活はテレビをボーッと見るのではなく、何か趣味を持つべき」

ってよく言いますよね。

ボケの進行をふせぐには

脳に刺激を与え続けることが良いからです。

まとめ

40歳までにやってよかった自己投資は

  • ICL手術(視力矯正)
  • NV350キャラバン(車内泊旅ができる)
  • 音楽機材(曲を作るスキルが身についた)
  • 最強にコスパ高い自己投資は読書

です。

ICL手術は自分のQOL、すなわち人生のクオリティーがあがります。

コンタクトレンズを着けたり外したり、メガネをしたり外したり

という手間がはぶけたし

朝起きた瞬間に子どもの顔を見ることができるようになりました。

NV350キャラバンは「車内泊仕様」にすることで

家族で思いつき旅行に行けるようになりました。

子育て時間は有限です。

子どもは大きくなれば自分の時間を作り、親から離れていきます。

今しかできないことを経験させてやるのは「今」だけです。

みんなで旅行にでかけるのも「今」しかできません。

音楽機材をたくさん買い、プロを目指していましたが

「音楽を売ったお金」では回収できていません。

しかし仲間の結婚式で曲をプレゼントして喜んでもらったり

自分の好きなようにBGMを作ってYouTubeで発信したり

スノーボードで聴きたい音楽を自分で作ってダブル趣味を楽しんだり

趣味は思考しながらすることで

脳の活性化に役立っています。

振り返ってみると

40年間自己投資にお金をかけまくっていますが

いろんな形で回収できているのでよかったと思います。

いちばん大切なことは

自分の人生を楽しめているかどうかです。

人生は一度きり。

二度目はありません。

だからこそ自己投資をおろそかにせず

毎日充実させていきましょう!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけるとブログ更新の励みなります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

\ あたらしくYouTubeチャンネルを開設しました /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次