MENU
VLOGはじめました!【週末ルーティン】発信中!

【京都サンガF.C.】2021年第24節FC町田ゼルビア戦【観戦ブログ】

目次

前半はゆっくり

休止期間あけの1発目、圧倒的に走ってねじ伏せてくると思っていましたが

意外とゲームの立ち上がりはゆっくりで受け身のサッカーをしていたのが気になりました。

もっとキックオフからガンガンプレスに行ってガンガン走るサッカーすると思っていましたが
町田の攻撃を受ける形だったのでまずいなあと思っていました。

そんな中、光っていたのは麻田だと思います。

チョンテセとのマッチアップで負けていなかったし

ポジション取りも良かったです。

後半はスイッチを入れ替えて前でファイトしてましたね。

バイスとウタカ

バイスとウタカのスペシャルパフォーマンスで先制点を取れたのが

今試合の1番のハイライトだったと思います。

結構苦しい時間帯で

押されているチームが得点するってのはサッカーでたまにありますが

まさに

バイスからの1本のパス

ウタカの身体の当て方⇨決定力

に京都は救われましたね。

先制点を取っていたのと取っていなかったのでは試合結果は変わっていたと思います。

気になったのは先制点を取った後も

受け身だったことです。

まあ失点せずに後半に入れたのは大きいですが。

イスマイラの可能性

期待の星、イスマイラが後半から投入されました。

初出場初得点は言わずもがな

僕が一番でかいなと思ったのは

ウタカとの共存です。

ウタカのバックアッパーとして加入かと思いきや

ウタカと並んで2トップで使うと相手にとって脅威だったし

ロングボールもターゲットが2人になることで
相手は相当嫌そうでしたね。

ウタカもイスマイラもポストができるからサイドのプレイヤーが相当生きてました。

またウタカはイスマイラが入ったことによって

自由にプレーしていました。

特に良かったのが下がって受けて
トップ下やボランチみたいな役割をしていたことです。

ウタカは全てのスキルが高いので

イスマイラの得点前の飯田へのパスとかめっちゃ良かった。

パターンが増えることによって

相手の対策もむずかしくなります。

本当ならここにスピード系のFWがもう1人いれば最強ですね。

上月くんにがんばってほしい・・・。

まとめ

さてさて

再開1発目に勝点3を掴めたのは大きいです。

磐田がドローで足踏みしてくれて勝点差は2点。

3位琉球とは勝点4差。

これをムダにしないためには

次節めっちゃ重要。

難攻不落のアルウィン。僕は3回行きましたが最高のスタジアムです。

京都にとって苦手アルウィンですが

なんとか勝点3を取りたいですね。

よし、浮かれることなく兜の緒をしっかり締めていきましょう!

👇ポチッと応援いただけるとブログ更新の励みになります!

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
にほんブログ村


1 2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる