【まだ間に合う!】今、楽天モバイル1年無料キャンペーンを利用するべき3つの理由

スポンサーリンク
生活

ついに楽天モバイルから1年間無料キャンペーンが4月7日までと発表されました!

ってことで楽天経済圏の住人であり、ライフハックに全てを捧げているサラリーマンです。

さて今回はまだ『楽天モバイル』に切り替えていない方に

【今が楽天モバイルに切り替える最大のチャンス】という理由をお伝えします。





僕は楽天モバイルユーザーなので実際に使ってみての使用感や一年間無料の恩恵について

がっちりお伝えすることができます。

  • 楽天モバイルに切り替えようか迷っている
  • 楽天はなんかうさんくさいし・・・
  • 楽天回線は電波が悪そう・・・

と言ったお悩みに対して

『楽天モバイル』で全然OKですよ

ということをシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

今、楽天モバイル1年無料キャンペーンを利用するべき3つの理由

まだ楽天モバイルに切り替えていない人は急いでください。

楽天モバイル1年無料キャンペーンは4月7日23:59までです。

では、先に本記事の結論をお伝えします。

今、楽天モバイル1年無料キャンペーンを利用するべき3つの理由
  • 35,760円もらえるから
  • 回線エリアが爆増するから
  • ahamoより安いから

以上です。

この時点でリテラシーが高い人は、すぐに楽天モバイルに切り替えると思います笑

ん?どういうこと??って方!

大丈夫です!

以下で深堀りしていきます。





35,760円もらえるから

ちょっと言い方が釣りのような感じですが

単純に1年間無料はデカイですよ。

『1年間無料』というのはミニマリストにとってめちゃくちゃデカイです。
この時点で僕は即切り替えした方がいいと思うんですよね。

本来の携帯利用料2,980円x12ヶ月=35,760円もらえます。
今まで普通にキャリア携帯を使っていて月に5,000円固定支払いしていたのであれば

5,000円×12ヵ月=60,000円です。
60,000円を浮かすことができますよ。(大げさではなく事実です。)

実際に入金される金額ではありませんが、引かれないので同じことですよね。

35,760円の節約ってデカイですよね。
楽天モバイルに切り替えるだけで、時間も使わず労力も使わず35,760円を得ることができます。
趣味に使ってもいいし、投資して増やしてもいい。

4月7日を過ぎるとこのチャンスはありません。

僕は実際に12月から楽天モバイルを利用していますが、一度も請求されていません

1年間無料はマジです。

回線エリアが爆増するから

今、楽天モバイルに切り替えた方がいいという

二つ目の理由は『今後回線エリアが爆増するから』です。

たしかに僕が楽天モバイルを使っていて一番のデメリットはなに?と聞かれれば
「電波の弱さ」と回答します。

が、3月に入ってあきらかに電波変わりましたよ。

というのも僕が楽天モバイルに切り替えた2020年12月から2021年2月で楽天回線エリアの拡大が爆増しています。

さらに楽天モバイルは今年夏までに基地局の数を爆増するんですが、5年計画を前倒しているんですよ。

楽天モバイルは【2026年3月までに全国人口カバー率96%】というのを掲げていたわけですが
なんと2021年夏、今年の夏に達成しようとしています。
企業の計画を5年前倒して回線問題解決させるってすごいことですよね💦

また楽天モバイルが考えていることは、単に基地局を4万局まで増やすだけではなく
カバーエリア内を高密度にするところまでを考えています。
ちなみにソースは楽天モバイルのオンラインセミナーです(僕、楽天を疑いまくって楽天のオンラインセミナー受講しました笑)

で、なぜ今、1年間無料加入する人が一番有利かというと

【電波改善されたうえで、ここから1年無料期間でいられるから】
ということです。

僕の場合は2020年12月から2021年12月の1年契約。
最初の1ヶ月は電波悪いなーと思いながら使っていました。
2021年3月加入の人は改善された期間から1年間無料で利用できるということです。

さらに夏にかけて基地局が爆増するので
電波も問題なく使えるという無料期間が長い というわけです。

ahamoより安いから

NTTドコモのahamoが楽天モバイル意識で金額を下げましたが、やはり楽天モバイル優勢ですね。

1年間無料な時点で楽天モバイルの圧勝ですが

無料キャンペーンが終わったとしても楽天モバイルの方が安いです。

僕が作った日本一シンプルな比較表。

シンプル比較楽天モバイルドコモ(ahamo)
~20GB1,980円2,700円
無制限2,980円ナシ
国内通話無料かけ放題は+1,000円

この時点で勝ちです。

楽天モバイルの強み

楽天モバイルの1番の強みは1年間無料期間なんですが

なにより『2年縛り無し』『解約違約金無し』がデカイと思っています。

実際に僕が楽天モバイルに切り替えた大きな理由です。

コレって企業側がユーザーのリスクを最小にしているということです。

1年間無料なのでとりあえず契約しておいて微妙なら解約したら良いんです。

今のご時世、ここまでリスク回避してくれる企業ないですよね笑

使ってみて、あわなかったらやめたら良いだけ。経済的損失ナシ。

使ってみて問題なければ35,760円をもらえる。

これで十分ですよね。

iPhoneユーザーはどう?

楽天モバイルはiPhoneの動作確認だけしており公式には認証していません。

使えるiPhoneはXR以降の機種です。

僕はiPhone XRですが問題なく使用できています。
(イオンモバイルから楽天モバイルへSIMカード変更して利用できています。)

まったく問題ありません。調子いいです。

で、僕は根っからのアップルユーザーで
ずっと『携帯はiPhone一択』って思っていましたが
最近考え方が変わりました。

今の新機種iPhoneはカメラ性能ばかり良くなってムダに高いです。
一般的に使うだけなら無理にiPhoneである必要もないと思います。

今、iPhoneを利用する利便性って他のApple製品(Mac、Air Pods、 AppleWatchなど)との連携連動の強みだけ。

なのでスマホの利用目的がLINE、ネット、SNSなのであれば格安スマホで十分だと思います。

となると、楽天スマホのキャンペーンも機種代が無料になるのでねらい目です。





Rakuten Handは母親が使っていますがLINE、ネットするだけであれば必要十分です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今後、さらに景気が悪くなって税金は高くなることが予想されますよね・・・

これからは固定費にはもっとシビアになるべきです。

僕は読者全員楽天モバイルに切り替えて1年間無料期間をフル活用して欲しいと思っています。

固定費削減は大切。

『めんどくさい』『よくわからない』
で思考停止するのではなく

みんなで2,980円x12ヶ月=35,760円の恩恵受けましょ。

たしかに携帯会社を切り替えるのは結構めんどくさい気がしますが

やってみたら全然大丈夫ですし、恩恵が計り知れないので切り替えるべきです。





解約違約金もかからないので『使ってみてダメなら即移籍』という感じで楽天モバイルにしましょう!

オススメです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

パパスタ
パパスタ

ポッドキャストはじめました!ご試聴よろしくおねがいします!

あわせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました