MENU
VLOGはじめました!【週末ルーティン】発信中!

【2022年1月から聴き放題!】Amazonのオーディオブック“Audible”の3つのメリット、1つのデメリットを解説【1年間ガチ利用者です】

こんにちわ

毎朝5時から朝活をして
『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いている
パパスタと言います。

ぼくは普段からAmazonの「聴く」読書“Audibleを利用して

移動中やウォーキング中に聴く読書をしています。

Audibleって実際にどうなんやろう?
聴く読書は学びに繋がるのかな・・・
使い勝手はどうなんやろう・・・

ってお悩みのひと、多いんです。ぼくも使用する前はそうでした。

実はこの記事ではAudibleの良さとイマイチな部分を十二分に理解することができます。

なぜならぼくが同じ疑問を持ちつつAudibleを1年間利用してきたので

ガチユーザーならではの目線でメリット、デメリットをお伝えすることができるからです。

この記事では実際に1年間ほぼ毎日Audibleを利用して感じた

  • 3つのメリット
  • 1つのデメリット(実は解決済)

に絞って紹介、解説します。

記事を最後まで読み終えるとAudibleがどういったモノかを完璧に理解することができ
Audibleを使ってスキマ時間に知識を注入することができます。

周りの人より一歩リードしちゃいましょ!

目次

Audible(オーディブル)のメリット3点

ではさっそくAmazonの聴く読書“オーディブル”の良い点と悪い点をシェアします。

Audibleの良い点3つ
  1. すきま時間に学習できる
  2. 朗読者がプロ
  3. 選べる本が多い

Audibleはエンタメというより学習素材という要素が強いです。
(小説を聞くときはエンタメ)

小説を聴くときはエンタメ要素が強いんですが

特にビジネス書や教材系書籍を聴くときは

学習という側面が大きいです。

なので、今回は学習用途に絞って考えてみました。

すきま時間に学習できる

Audibleの最大にして最強のメリットは

すきま時間に学習できるということです。

たとえばどんなに忙しい毎日を過ごしていても

  • 通勤、通学時間
  • ウォーキング、筋トレ時
  • 家事をしながら

こういった時間って、思考や耳はあいていますよね。

毎日の数分間、空いている耳で本を聞くだけで確実に自分の知識向上になります

実際にぼくは、移動中とウォーキング中にAudibleを利用して知識をいれていますが

だいたい平日5日で1冊のビジネス書を聞ききることができます。

オーディブルで得た知識はそのまま仕事に即実践しているので非常に役立っています。

具体的にどれぐらい知識を入れれるかは?こちらの記事をご参照ください。

あわせて読みたい
Amazonオーディブルでどれぐらいインプットできるか試してみた【読書感想】 こんにちわ Amazonオーディブルを1年間がっちり利用しているパパスタ@papasta7と言います。 さてAmazonの聴く読書サービス『Audible』 オーディオブックで『聴く学習』...

社会人の上位30%に入ることができる

Audibleを利用してスキマ時間に聴く読書をするだけで

日本の社会人の上位30%に入ることができます。

なぜなら日本人は社会に出るとほとんどが勉強をしないからです。

2018年にリクルートワークス研究所発表した分析によると

自己学習をしている人の割合は全体の33%でした。

ようするに日本の社会人で日頃から勉強している人はぜんぜんいないってことです。

聴く読書でもいいんです!

毎日の通勤時間を利用して学習すれば上位30%に入れます。

こんなイージーゲームはありませんよ。やるだけです。

年功序列はすでに崩壊。新しい時代では個人の生産性とスキルが求められます。

Audibleはダウンロードしておけば

バックグラウンド再生ができるので通信量もかかりません。

スマホをポケットに入れて

Bluetoothイヤホンで聞けば超快適に耳学習できます。


スキマ時間を有効に使って、他と差をつけましょう!

朗読者がプロ

本を朗読してくれる人はプロのナレーターや声優です。

どういうことかというと……

  • 声がいい
  • 聞き取りやすい
  • セリフを演技してくる

プロのナレーターなので耳障りがいいんです。

意外と「聴くだけ」というサービスに声質、喋り方の上手さは重要なんです。うっとうしくないというか・・・。

ちなみに

アニメ化のキャラを担当していた声優さんを起用している本や

ドラマ化したときの俳優さんが朗読している本もあります!!

コレが面白い!笑

また、たまに筆者本人が朗読するタイプもあります。それはそれで臨場感があって良き◎

書いた本人は思い入れがあるので
【ここは伝えたい!!】という箇所は声にも力が入っているので伝わりますよ。

【草薙龍瞬本人が朗読】反応しない練習(特別版)

選べる本が多い

Audibleに収録されている本はなんと40万冊以上
(比較対象のaudiobook.jpが23,000冊なので圧倒的に多い!)

しかも最新本や話題作も取り揃えているので

本探しに迷うことはありません。

ぼくがAudibleを選んでいるのは

話題作や最新本がラインナップされているから

という理由が大きいです。

良いゲーム機があっても、良いソフトがないとそのゲームでは遊ばないですよね?

それと同じです!

Audibleのデメリット1点(2022年1月に解決済)

2022年1月に読み放題に変わり、デメリットは解決しました。

以下は記録のみです。

Audibleの悪い点は1点だけ紹介します。

1ヶ月1コインのシステム

わかりづらいんですよね。

月額1,500円払って聞き放題ではなく

1コインをもらって本と交換する。

この感じはわかりづらい。

それなら1冊無料って打ち出しでいいんじゃないかなーと。

あと

コイン以外でオーディオブックを購入しようと思うと割高です。

たとえば

【GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代】
という本は書籍で買えば1,980円ですが

オーディオブックで買うと3,500円です。

朗読者のギャラ、録音システムを使っていることを考えると納得できますが

自分で読むより割高になります。

Audible会員であれば30%OFFで買えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Audibleを活用すれば、空いている耳を使って学習できます。

耳を使って学習するタイミングは結構あります。

とくにサラリーマンは出勤時、帰宅時の耳って空いていますよね?

その時間を有効活用して学習しましょう。

今の時代は本当にいい環境が整ってきました。

本来は1ヶ月1,500円かかりますが

無料期間中に有益な書籍から知識を学べば

1,500円以上の価値になります。

Amazonからのコンテンツ給付、サクッともらっちゃいましょう!

Audibleの無料体験はこちら

読書が苦手な方は

まず『本書を聞いてみる』という行動を起こすのが良いかもですね!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけるとブログ更新の励みなります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

1 2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる