【ファーストレビュー】SOTO ST-233【虫の寄りにくいランタン】

スポンサーリンク
CAMP

実物は思ったよりカッコイイ

CB缶ガスランタン SOTO ST-233【虫の寄りにくいランタン】を購入しました。

我が家のLEDライト卒業の瞬間です。

前回このような記事を書きました。

本記事を読めば

現在、ランタン購入を検討している方や、キャンプ初心者の方

CB缶ランタンという新しい選択肢を増やすことができると思います。

スポンサーリンク

我が家のキャンプスタイル

僕、嫁大臣、5歳長男、3歳次男の4人家族で
月一回ペースでキャンプにいく典型的なファミリーキャンパーです。

僕たちのキャンプスタイルは

  • 手軽である
  • 快適である
  • 費用をおさえる
  • 安全第一

です。

楽しみつつも利便性と費用対効果を追求するというスタイルです。

子たちが小さいので費用面や安全面で制限は出るものの
いろんな工夫してキャンプを楽しんでいます。

楽天で購入

買ったのはSOTO ST-233 ナチュラム限定カラーです。

ナチュラム オンラインショップ

https://www.naturum.co.jp/product/?itemcd=2971809&categoryid=0

ナチュラム楽天店のみで購入可能です。


SOTO 虫の寄りにくいランタン ケースセット(ナチュラム別注カラー) SB ST-233SBCS

今回は写真多めでシェアしたいと思います。

ひさしぶりに楽天で頼んだ

専用ケースがついてくるのは嬉しいポイントですね。
上ふたにはマントル控えを収納可能
ボディ。思っていたよりも良いカラー!!
持つ手をあげたら上に上がる仕組み

ガス缶を刺さないと上にあがりません。

全体図。思ったよりも大きくなかった。大きかったけど。

ガス挿入口

ガスを挿すところはこんな感じです。

ガチャン!とは挿さりません。手前の銀色の支えで固定する感じです。

ホヤを取り出します

上ぶた、取手を取らないとホヤは取り出せません。

上ぶたはおそらく鉄、真鍮です。サビが発生するタイプの素材ですね。

ちなみにガス缶を挿さないと上部分は持ち上がりません。

ホヤを取ったりマントルを装着するにはガス缶を挿さないといけないです。

めっちゃめんどくさい

ST-233のホヤ

むしオレンジ色
裏側はクリア

『ST-233のホヤは割れやすい』とネットに書かれていましたが

たしかにこれは扱い要注意です!めっちゃ危険すぐ割れるガラス系です。

スイッチ関係

スイッチ関係はめっちゃくちゃシンプルでした。

一応回したらガスがゴリゴリでて一瞬で部屋が臭くなりました。

相当ガス使用するみたいですね。

SOTOの残念なところ

リフレクター(光を反射させて明るくする)に

青のシートが貼ってありました。

おそらくキズを付かないようにだと思います。

こういうの・・・。

こういうのホント嫌。

『この青い保護シートを剥がしてください』って書いているくせに

青い保護シートの上からボルトしとるがな・・・。

あと裏側には

ガッチリキズ有。

中側じゃないから使用に問題ないし、別に良いんです。返品もしないです。

それでラッキー!じゃないんですよ。SOTO の「新富士バーナー株式会社」さん。

購入者にいきなり残念な気持ちさせちゃうのって

日本の企業としてどうすかね「新富士バーナー株式会社」さん。

青の保護テープも、リフレクターの外側のキズも

制作段階で担当者は気がついているはずなんですよね。

物を売るときだけでなく、ビジネス全般において

『まあ、大丈夫やろ』ってOKな時代は終わったんですけどね。

価格が安いから』買うのではなくて、

誰から買うか、

どのブランドを買うかを選ぶ時代です。

snow peakとかユニフレームだったらこんなことはぜったいにないです。

まとめ

ま、ネガティブにはならない!!

表側
裏側

なかなかカッコイイやん!

色も思っていたよりも好み!ナチュラム限定カラーにしてよかった!


SOTO 虫の寄りにくいランタン ケースセット(ナチュラム別注カラー) SB ST-233SBCS


せっかく買ったのでさっそく明日、現場(キャンプ場)で使用してきます。

実際に現場で使ってみた使用感やかさばり具合、夜のサイトの明るさ

なんかを調査してきます。

またブログでシェアするのでよろしくおねがいします!

「新富士バーナー株式会社」さん、すぐに工場担当者へ電話したほうがいいですよ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました