MENU
VLOGはじめました!【週末ルーティン】発信中!

【本要約】「攻めの節約」をわかりやすく解説!【だれでもできる節約のマインド&投資のマインド】

お悩みさん

お仕事をがんばっているのに全然お金が貯まらない……

こんな悩みを解決する記事を用意しました。

記事で紹介する書籍「攻めの節約を理解できれば

だれでもかんたんに「お金をためてお金を増やすこと」ができます。

なぜなら本書の筆者生方正氏は

節約により2億円を貯めて

40代で自衛隊をやめてアーリーリタイア、すなわち労働から解放されたからです。

引用;Amazon

スキルをつかって

お金を稼ぐという内容ではなく

「お金の使い方をかんがえよう」と言った内容なので

再現性ありありです。

  • 将来が不安で、お金を残したい、増やしたいと考えている人
  • いろいろ節約をしているものの、思ったほどお金が手元に残らないという人

そんな人に超絶おすすめです。

記事の前半では「投資のたいせつさ、お金の使い方」について解説し

後半では具体的な節約方法についてがっちり解説します。

最後まで読んでいただくことで

だれでも正しい節約方法を知ることができ

確実に着実にお金を増やすことができます。

最後までじっくり読んでください。

節約のたいせつさを教えてくれる本

目次

「攻めの節約」をわかりやすく解説!

ムダなものを買いすぎている。それをやめるだけでかんたんにお金は貯まる

先に本書の結論をお伝えします。

消費と浪費の出費を減らして

投資にお金を使うことが

お金持ちになるための道です。

実際に筆者はムダものにおかねを一切使わずに

2億円を貯めてFIREに成功した。

FIREとは……
Financial Independence, Retire Earlyの頭文字をとったもので
投資元本を蓄財し、運用益だけで生活できるようになれば労働から解放されるという考え方です。
資産運用による経済的自立です。

筆者はすでに2億円の資産運用により

働かなくても生きていける、ようするに人生ゲームをクリアした状態というわけです。

そんな筆者も「最初の1歩は節約だった」と強調しています。

みなさんは今日もコンビニでなんとなく1,000円ぐらい使っていないですか?

この感覚がダメと筆者は啓蒙しています。

なんとなくコンビニでお金を使う感覚を持っていると

お金はたまらなし人生も変わりません。

節約してお金を作らなければ

投資に使うお金も生まれきません。

ただ時間だけがすぎていきます。

今回は最後まで読んでいただくことで

節約から人生を変えることができます。

一緒に学んでいきましょう!

お金の使い方3つしかない

浪費は論外。消費ではなく投資にお金をつかいましょう

消費ではなく投資にお金をつかいましょう。

お金の使い方は全部で3つあります。

  • 浪費
  • 消費
  • 投資

です。

浪費は論外

浪費とは無くても生きていけるものにお金を使うことです

浪費は今すぐ、この瞬間にやめましょう。

浪費とは

  • タバコ
  • スマホゲームの課金
  • コンビニのスイーツ
  • ストロング系酎ハイ
  • 衝動買いした服
  • 衝動買いした靴
  • 会社の呑み会

これらにお金を使っている人、要注意です。

これらにお金を使っている人は

一生お金はたまりません。確定です。

これらにお金を使っても

あなたの人生になんのプラスにもなりません。

今すぐやめましょう。

消費

消費とは生きている以上、ぜったいにかかってくる経費のようなものです。

たとえば

  • 食費
  • 家賃
  • 光熱費
  • 携帯料金
  • 交通費

などです。

投資

投資とは将来自分に利益をもたらす出費のことです。

あなたの自己研鑽になるものはすべて投資です。

たとえば

  • 資格取得の費用
  • スキルアップの学習素材
  • 不動産
  • スペックの高いパソコン

消費と浪費を減らして投資にまわしましょう

この本のテーマは

「消費と浪費を減らして投資にまわしましょう」

というものです。

貯金じゃダメなの?

って思うかもですが

貯金じゃダメです。

なぜなら

貯金をしてもお金は増えないからです。

具体的にいうと

現在のゆうちょ銀行の年利は0.001%

100万円を貯金しても

1年間に増えるお金は10円です。

ATMでお金を引き出したら

手数料で数百円とられて利息分を取られて終わり。

この先、円安が進めば円の価値もさがります。

あなたの貯金額も何もしていないのに

価値がさがります。

貯金をしても

お金が減ることがあれど

増えることはありません。

もうひとつ。

貯金をしてもあなたのスキルはあがりません。

ようするに貯金をしても

あなたの人間力、稼ぐ力は何一つ向上しません。

そのまま停滞になり

結局稼ぐ力もつかないので

お金が増えることはありません。

大事なのは

消費や浪費に使うお金を投資にまわす。

ただそれだけです。

知識と時間に投資する

投資は3つ種類があります。

知識への投資

1つめは知識への投資。

まずやるべき投資は知識に投資することです。

ぼく自身、一番優先にやるべき投資は知識への投資だと思っています。

具体的にいうと

本にお金を使うこと。

知識への投資とは

本を読んだり、スクールに通うことです。

本書では

人生を好転させたいのであれば

成功者の考え方が学べる本を20冊から30冊読むべき

と書かれています。

実際、本を読むクセがある人と

ほとんど本を読まない人では

話をしていても知識の深さが違うと実感することがあります。

偉そうに話していても「ん?こいつ浅いな」って思うことありますよね。

今後ますます情報社会となり

情報強者と情報弱者に分断される社会になっていく中で

知識にお金と時間を使わずにお金持ちになることはむずかしいです。

まずは本を買うところからはじめよう

時間に投資する

2つ目にやることは時間に投資すること

具体的にいうと

  • タクシーを使う
  • 高性能なPCを使う(処理がはやい)
  • ドラム式洗濯機をつかう(洗濯に人生を奪われない)
  • 掃除ロボットを使う
  • 食洗機を使う

高額なものばかりだ……

って思うかもですが

時間を短縮するモノ、時間を短縮してくれるサービスは高いんです。

ようするに「時間」という資産は貴重だということです。

時間は誰もが持っている唯一無二の資産であり

お金で取り返すことはできません。

しかし、先に投資して未来の時間を買うことはできます。

特に今、20代、30代の若い世代の人に

めちゃくちゃ強く言いたいのは

とにかく三種の神器は何よりも最優先で買うこと。

若い時の時間は

歳を取ってからの時間よりさらに貴重です。

本を読むのにも時間は必要です。

恋愛をするにも時間は必要です。

ビジネスをするにも時間は必要です。

洗濯物を干すという何の意味もないことに時間を使うのではなく

あなたの人生にとって大切なことに時間を使いましょう。

あわせて読みたい
【96万円損します】自分時間を買うことができる家電‘三種の神器’とは??【洗濯乾燥機、食器洗い機、ル... ・毎日忙しくて自分の時間が取れない・一人暮らしをはじめるけどまず何を買ったらいい?・ドラム式洗濯乾燥機って本当に必要? こんな悩みを解決する記事を用意しました...

経験に時間を投資する

3つめは買った時間を使って経験に投資しましょう。

厚みのある経験をしている人はおもしろい人が多くないですか?

たとえば

富士山に登った人と

エベレストに登った人の

登山話であれば

エベレストに登った人の話のほうが聞いてみたいですよね。

100円の缶コーヒーを飲んだ人の話と

5,000円のコーヒーを飲んだ人の話であれば

5,000円のコーヒーを飲んだ人の話を聞いてみたいです。

ようするに

おもしろい経験をすればするほど

話のネタになります。

おもしろい話ができる=お金が増える

ということではありませんが

おもしろい話ができて

円滑な人間関係を気づくことは結果的に大きな富をもたらすことになります。

ぼく自身、最近気合いをいれてやっているのが

「経験に投資する」ということです。

まさに今、本記事を書いているのが名古屋市のビジネスホテルです。

東京出張からの帰り

名古屋で途中下車をして1泊してみました。

記事を書いたら

名古屋城にいき

そのあと名古屋の小さなサッカースタジアムでプロの試合を観る

という経験をします。

会社の出張費に

すこし自分で投資するだけで

各地方で経験を積むことができます。

経験は後回しにしちゃダメ。チャンスがあれば挑戦する

投資をしなければ一生ラットレース

もし、3つの投資に回せるお金がないのであれば

今の生活から抜け出すことはぜったいにできません。

そのままラットレースを続けるだけの人生になります。

年齢だけ重ねてるのに

知識も経験もない人の話を

だれも聴きたがりません。

知識もないから

ずっとハムスターの様に回転車を回し続ける人生になります。

まずは死ぬ気で投資に回せるお金を捻出しましょう。

3つの投資をはじめないと

何も変わりません。

では次ページから

具体的な節約方法についてがっつり解説します。

1 2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる