MENU
貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください

【ICL手術体験記】視力矯正手術から半年経過して感じる3つのこと

こんにちは

毎朝5時から朝活をして
『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いている
パパスタ@papasta7と言います。

ぼくは強度の近視でメガネ、コンタクトが無いと何にも見えませんでした。

このたび視力回復手術であるICL手術を受けて両眼1.5まで回復させることができました。

レーシックやICLなどの視力矯正手術について

目が悪いからレーシックしようか迷っているけれど
どうもこうも中身がよくわからない

といった

  • 自由診療で高額な医療費が必要
  • 目にメスを入れるのが怖い
  • 時間がない

という三大悩みがあるものです。

今回はそんな悩みを解決すべく

実際に手術を受けたぼくが

どこよりもくわしくICL手術の体験をシェアします。

ICL手術を受けようか迷っている方は

ぜひ参考にしてみてください。

目次

ICL手術から半年

ってことで

視力矯正手術であるICL手術から半年が経過しました。

いまの状況を率直にお伝えします。

あわせて読みたい
【ICL手術体験記】ICL手術ってこんな感じ【とにかく怖い】 こんにちは 毎朝5時から朝活をして『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いているパパスタ@papasta7と言います。 ぼくは強度の近視でメガネ、コンタクトが...
ICL手術を受けて半年後に感じたこと
  1. 毎日目が見える幸せを感じている
  2. 完全裸眼という感覚ではない
  3. ドライアイの症状がでてきた

良い面も悪い面も書いてみましたが

結論を言うと……最高です。

近視で悩んでいる人はほんと早めにやった方がいいと思います。

ICLレンズの構造上、夜にライトを見ると光の輪が見えるので

完全裸眼って感覚にはなりませんが

確実に生活向上するし

なによりマインドが超ポジティブになります。

以下でくわしく解説します。

毎日目が見える幸せを感じている

ICL手術をしてからキャンプや出張、車内泊に行きました。

どこか泊まりに行く時に

メガネ、コンタクトの用意がなくなった

というだけで超絶楽です。

コンタクトレンズの付け外しや

メガネの付け外しも不要になり

毎朝起きてすぐに子どもの顔が見える。

ほんとうにそれだけで幸せです。

目が見えるだけで毎日ポジティブに過ごせますよ。

いや、過言ではなくてホント。

目が見えない、視力が悪いってのは

大きなネガティヴ要素だったんだなと

目が見えるようになって気がつきました。

完全裸眼という感覚はない

これからICLを受ける方に

一つだけきちんとお伝えしておくことがあります。

光の輪は見える

光の輪が見えることは後遺症ではありません。

ICLのレンズの構造上、どうしても見えるモノです。

ICL、すなわち眼内コンタクトレンズは真ん中にホール(穴)が空いています。

レンズオーダー
https://www.oshimaganka.com/

この穴があることで信号や街灯、月明かりなど光に反射して光の輪が見えます

ICLしていなくても太陽の光や街灯の周りに光の輪が見えることありますよね?

あれがライトを見ると常に見える感じです。

よくICL手術をネットで調べると『ICLの後遺症』なんて書かれていますが

レンズの構造上の話なので、ICL手術すればけっこう見えるようです。

術後検診でも医師より『光の輪は見える。いずれ慣れる』と聞いていました。

ちなみにこの穴があることで目の中を循環している房水の流れを確保でき

緑内障や白内障のリスクが大幅に軽減されるとのことです。

って考えると、ぜんぜん光の輪ぐらい問題ありません。

実際に半年経過しても光の輪には慣れていませんが

生活にまったく支障はありません。

「あ、レンズが入ってるんだなー」ってことを認識するぐらいです。

ドライアイの症状がでてきた

これは後遺症にあたるものかもしれません。

ぼくは仕事的にずっとPCを使っているんですが

半年経過してたまに右目がくもるようになりました。

目薬をさしたらすぐに治ります。

コンタクトレンズ時代にもたまになっていて

単純にレンズが乾いているだけだと思っていましたが

医師に聞くと軽いドライアイの症状だということです。

ICL手術の後遺症に『ドライアイ』ってのがあったので

後遺症かと思っていましたが

医師によると

『普通に肉眼でもなんでもずっとPCをやり続けると

まばたきの回数や涙の数が減って軽くドライアイになる』

とのことでした。

たしかに日常生活中にくもることはないので

そこまで気にしなくてよさそうです。

半年検診

半年検診

翌日検診内容
  • 視力検査
  • 眼圧検査
  • 角膜内皮細胞測定
  • 診察

全部で30分

視力は変わらず1.5をキープしていました‼︎ICL最強です。

角膜内皮細胞の数も減ることなく、医師からも『順調!』と一言。

ドライアイについては前段で確認したとおりでした。

一応細かく検査してもらいましたが特に問題はありませんでした。

やっぱり仕事柄PCを1日中使っているので

軽くドライアイになるのは仕方ないので

意識してまばたきするとか、市販の目薬でいいのでさしたら良いとのことでした。

もちろん今日の検査もICL手術費用にふくまれているので支払いはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか

術後半年経った感覚は、術後1ヶ月後とかわりません。

率直に言うと【常にコンタクトレンズを入れている感覚】です。

本当に素晴らしいです。

冬はスノーボードがはじまるので、さらにICLの恩恵を受けることができそうです。

近眼でコンタクトや眼鏡をしているのであれば

視力矯正手術はオススメです。

QOLが爆上がりしますよ

ぜひご参考ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけるとブログ更新の励みなります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる