2021年ゴールデンウィークに読みたいオススメ本3選

【経験談】ICL手術 1回目の検査【おおしま眼科クリニック】

こんにちは

毎朝5時から精力的に活動し
『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いている
パパスタ@papasta7と言います。

僕は学生の頃から

強度の近視で
メガネ、コンタクトが無いと何にも見えません。

このたび
視力回復手術であるICLを受けることになったので

備忘録として記録していきたいと思います。

目が悪いからレーシックしようか迷っているけれど
どうもこうも中身がよくわからない

と言ったお悩みありますよね。

レーシックやICLってのは

  • 自由診療で高額な医療費が必要
  • 目にメスを入れるのが怖い
  • 時間がない

という三大悩みが常にあるものです。

今回はそんな悩みを解決すべく
僕の経験をシェアしていきます。

目次

ICL手術へ 1日目

ICL手術1日目の内容をまとめます。

ICL1日目
  • 健康保険利用OK
  • 2,600円
  • 所要時間1時間ぐらい
  • 視力検査等5つの検査
  • 診察
  • 次回検査日予約

って感じです。

僕がICLを受けようと思った理由は

こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【早めにやったほうがいい】なぜレーシックではなくICLにしたのか
【早めにやったほうがいい】なぜレーシックではなくICLにしたのかこんにちは毎朝5時から精力的に活動し『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いているパパスタ@papasta7と言います。僕は生産性の鬼です。このたび視力回復...

初診は予約ができない

初診は予約ができないので
オープンと同時に病院へ行って

2、3時間待つ覚悟で
Kindle持参していました。

しかも会社が休みである土曜日に行ったので
超混むだろうなって覚悟していました。

9時から診察がはじまるので
8時半に病院につきました。

着くや否や
(as soon as)

初診者にばり厳しい張り紙

張り紙を見ながら30分間外で待ちます。

中からは看護師の爆笑する声が聞こえてきます。

どんな病院やねんと
少し不安。

名医がいる病院にありがちな
殿様商売系かなーと

少し不安。

並んでいる人がいるとか
関係なくきっかり9時にオープン

中で30分ぐらい待ってたら
すぐに呼ばれて検査が始まりました。

意外とすんなり検査ができました。

1時間経ったら
待合室は溢れるぐらい人がいたので

やはり初診者は早めに早めに行った方がいいです。

検査は5個ほど

コンタクトレンズを処方してもらうために
眼科へ行ったことがある人ならわかると思いますが

気球を見るやつとか
赤い点をみるやつとか
眼球に風がフッと当たるやつとか

をやります。

視力検査もします。

一つ違うのは

禍々しい機会で
眼球のレントゲンと
断面図を撮影しました。

診察

今日は院長先生がいないので
代わりの先生に診察してもらいました。

眼のレントゲンや
眼の模型でICLがどんな手術かをこまかく教えてくれます。

自分の眼の断面図を見ることなんて
ほとんどないので貴重です。

ただし

僕はそれまでICLに対して
まったく怖くはなかったんですが

先生の説明を聞きながら
自分の目の断面図を見たり
詳しいICLの手術内容を聞くと
どんどん怖くなりました

そんなところを切って
そんなところにレンズを入れることなんて

本当にできるの!?って感じです笑

僕の場合

近視が強すぎてレーシックは無理ですね

という説明も受けました。

逆にレーシックが無理と分かって
レーシックの病院に受診しに行かなくてよかったと
踏ん切りもついたのでよかったです。

ICLを受けるための瞳の大きさ横幅も問題はありませんでした。

眼の形は変わるので
1回の検査で確定するわけではなく

あと2回検査に来てほしい
と言われて診察は終わりました。

次回予約

これが一番大変でした笑

次回予約は1、2時間ぐらい細かい検査をする
次々回は院長先生の診察を受ける必要がある

という説明でした。

  • 次の検査は日程が決まっている
  • 院長先生の日程に全て合わせる
  • お盆休みと4連休が控えている
  • コンタクトレンズ不使用期間がある
  • 次回の検診から自由診療11,000円要

コンタクトをつけていると眼の形が変わるので
レンズ挿入のスペース等を正しく測れません。

そのため次回からの検査は
前日6日間はコンタクトを外してから
再度検査が必要になります。

とにかく自分の仕事の都合を言ってしまうと
まったく次回の予約が取れなかったので

結局全て病院側の都合に合わせて

日程を設定してもらいました。

ICLはめっちゃ仕事を休む必要が出てくる

おおしま眼科クリニックの雰囲気

僕が選んだ病院は

大阪府高槻市にある

おおしま眼科クリニックです。

https://www.oshimaganka.com/icl/

おおしま眼科クリニックの感想

  • 電話対応30点
  • 担当看護師60点
  • 年配の患者さん多
  • 立地が悪すぎ
  • 駐車場は15台あり

って感じです。

別に接客業やサービス業じゃないので
病院側が患者より上になることはぜんぜん良いんですが

とにかく立地が悪すぎ

高槻駅からバスに乗らないと行けない場所です。

僕は普段バスには乗らないので
駅から2.5kmの距離を歩いて病院にいきますが

病院に着いた時には汗だく(7月)です。

おおしま眼科クリニックを選んだ理由

義理の妹(弟の嫁)の家族が医療関係者で
『ICL手術で評判の良い病院はおおしま眼科クリニック』
ということを教えてくれました。

自分で調べてみても
ICL手術について
院長先生が超有名なICL名医でしたので

おおしま眼科クリニックに決めました。

眼のこと、身体のことなので妥協はぜったいにダメ。

まとめ

いかがでしたでしょうか

とりあえず1日目の診察は
健康保険を使った通常の眼科検診+αって感じです。

土曜日9時に入って10時に出たので
待ち時間込みでちょうど1時間ぐらいです。

検査後は待合室は患者さんで満員御礼でした。(10時ぐらい)

普通に10時とかに来ていたら
確実に昼までかかっていたと思います。

あとICLの検査を受けるだけでも
3日前からコンタクトレンズは使用しない方がいいです。

次検査の日程制限があるので
コンタクトレンズを付けていたから・・・と
日が埋められないのはもったいない。

なんせICLは日帰り手術だと
舐めてたらダメです。

検査だけでも最低で3日は確実に病院に行く必要があります。

これは前もって知っておくべき。

病院側もちゃんとホームページに記載してほしい。

なので

ICLを受ける場合は夏休み、冬休みを利用するのが良さそうです。

また僕の経験記事もアップするので
ぜひチェックしてみてください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけるとブログ更新の励みなります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる