【やっぱり中国製】AKRacing NITORO V2ファーストレビュー【使い方】

スポンサーリンク
ガジェット系

こんにちは

ライフハックにすべてをかける39歳サラリーマン(2児の父)です。

このたび
引っ越しに伴いMac(pc)環境を総入れ替えが必要となりました。

前回このような記事を書きました。

この1ヵ月間迷いに迷い
なんどもお買い物かごに入れては出しを繰り返し

ようやっとPCチェアが決まりました。

スポンサーリンク

AKRacing NITORO V2が来た

結論は・・・

AKRacing NITORO V2定価43,200円
を購入しました。

AKRacing NITORO V2を選んだ3つの理由は

  • 2020年にPU素材がアップデート
    ⇨JG5はAmazonレビューが2015年からある
  • リラックス空間にもしたい
    ⇨ほぼ作業用途だがリラックスする空間にもしたい
  • 一度は使ってみたいゲーミングチェア
    ⇨せっかく生まれたんやし一回は使ってみたいじゃないですか

です。

僕はギターもベースも弾くので
肘置きが動くコイズミJG5の方にほぼ決まりでしたが

それでも【一度は使ってみたいゲーミングチェア】ということで
最後の最後でAKRacing NITORO V2を選択しました。

僕のPC用途は

  • DTM(音楽作成)
  • ブログ執筆(毎日2時間)
  • オンライン会議(月2回5時間以上)
  • オンライン呑み会(月1回5時間以上)

子どもがまだ小さいので書斎にこもって作業をするというのも
なかなか時間は取れませんが

AKRacingジャングルでの高温多湿実験で10年耐用確認
ということを信じて
子どもが大きくなっても長年使用します。

AKRacing NITORO V2のダメな部分

ってことでNITORO V2が届きまして
組み立てました。

工具も付いてくるので
工具の用意はいりません。

普段D.I.Yをしない僕が
約30分で組み立てることができました。

ってことで
NITORO V2が届いたんですが
さっそくAKRacingのダメな部分がモロ見えしたのでシェアします。

AKRacingを買おうか迷っている方は
このあたりをクリアできないとキビシイかも知れません。

やっぱり中国製!

世界的なゲーム大会の公式シートであったり
日本のプロ野球チーム、Jリーグチームのベンチシートに採用されたり
AKRacingはゲーミングチェアのリーディングカンパニーであることは
間違いありません。
中国製とはいえ丈夫な作りには定評があります。
(僕もそのあたりを信用して買いました)


届いたAKRacingシートはやっぱり中国製だなと言わざるを得ませんでした。
中国製が苦手な人は買わない方がいいと思います。

・なんかいきなシートに汚れがある

・見えない部分のネジがクソなめってる

(ちゃんと作ってくれよ

・なぞにワッシャーが1つ多いネジがあった(なんでやねん)

・剥がすシールが全然ちゃんと剥がれない

どんなにがんばってもノリが残ります。

この部分も部品を上からつけるので
確かに見えない部分ではあるんですが。
『雑やなー』って言わざるを得ません。

返品は無理

って感じで40,000円の買い物をしたのに
ところどころ中国製の雑さがモロに出ていてテンションがさがります。

普段であれば
シートに汚れがある時点で即返品しますが

AKRacingは無理です。
重いし、大きいから気軽に返品するも気が引ける。

梱包し直して
部屋から家の外に出すのも躊躇うぐらいの重さ・・・。

中国製独特の粗さはあるものの
モノは良いと信じて使います。
NITORO V2は3年長期保証があるので機能的に問題が発生したら
即返品&Amazonレビューでボロカスに書きます。
(Amazonレビューはしません)

まとめ

いかがでしたでしょうか

正直、製品の仕上がりに関しては40,000円の価値は無いと思いました。
中国製を買うということはこういうことなんだと改めて実感しました。

しかし!!

PUレザーの感じは最高です。
肌ざわり、質感は高級感が最高です。
なにより座った瞬間の衝撃。
僕の腰と肩と首が歓喜の声。
今までのイスとは天と地の差がありました。
人間工学に基づいて設計されたイスだと即実感レベルの楽さ。

ゲーミングチェア購入に唯一反対していた嫁大臣も
座ってみたらご満悦の様子で
『こりゃ寝れるな』
と一言。

そのあと嫁大臣にイスを取り上げられたことは
説明しなくても分かると思います。
40,000円の価値ありです。


これからガシガシ使っていくので

また使用感をシェアしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました