MENU
VLOGはじめました!【週末ルーティン】発信中!

【チャンネル開設1ヶ月】YouTubeで動画をバズらせることができた、たった1つの理由【行動と運です】

今回は緊急で記事を書きます。

遂にYouTube開設1か月で

初のバズ、初めてぷちバズを起こすことができました。

3日で45,000回再生です。

いやいや100万回再生して、はじめてバズりでしょ笑

って思うかもですが

  • チャンネル開設1ヶ月
  • 他の動画はよくて100回再生
  • 狙って当てることができた

という3点で考えると

十分すごいことだと思います。

今回はなぜこの動画がぷちバズったのか?

どういう狙いでアップしたのか?

という考えをシェアします。

お悩みさん

なかなかYouTube動画が回らない

と悩んでいる方、最後まで読んでいただくことで

チャンネル開設当初からバズ動画を狙うことができます。

目次

YouTubeで動画をバズらせることができたたった1つの理由

さっそく本記事の結論をお伝えします。

動画をバズらせるのは運の要素と行動が合わさること

アップするときから再生回数が多くなることを予想していたので

狙い通りでした。

理由はいろいろ重なっていますが

結論の通り「狙うこと」と「運」がっちり合わさったこと強いです。

狙ったこと
運の要素
  • CSアセット港サッカー場という場所
  • Jリーグ動画がバズりやすいことをリサーチしていた
  • 場内アナウンスが良いタイミングで録画した
  • タイトルに皮肉をこめた
  • 即日すぐにアップした
  • ハプニング要素が強かった
  • 暑日だった
  • 1-6のビッグスコアだった

ちなみにこの動画を出す前のチャンネル登録者数は7人(全員友達)

動画アップから3日で7人登録者数が増えたことになります。

ちなみに開設1ヶ月の弱小チャンネルのため

YouTubeからのオススメにのって自動で広まることはありません。

最初はだれかが「検索」して発見してくれて広めてくれるしかないのです。

結果的に45,000回となったのは「狙って」広めたからです。

では具体的に解説していきます。

動画と解説をあわせて読んだ方がおもしろいと思いますので

動画を貼っておきますね。

狙ったこと

CSアセット港サッカー場という場所

本来の名古屋グランパスホームスタジアム「トヨタスタジアム」

今回、名古屋グランパスのホーム試合でしたが

いつものトヨタスタジアムとくらべると

天と地の差があるサッカー場でした。

トヨタスタジアムが国際試合も行える日本でも最大級のスタジアムであるのに対し

CSアセット港サッカー場は、社会人、大学生がサッカーをするような場所です。

CSアセット港サッカー場

たとえるなら京都市であれば宝ヶ池サッカー場のような感じです。

ホーム席以外は芝生になっていて

おそらく普段はお客さんが入る場所ではないんだと思います。

おそらく客席にぶっかけていたスプリンクラーは

客席の芝生用のモノで

ピッチと客席用の水まきを調整することができなかったんだと思います。

こんなに規模が小さなサッカー場で

プロサッカーリーグであるJ1の試合をやること自体が異例なんです。

なので今回試合が決まった瞬間に

パパスタ

ぜったい何かあるやろ。レアすぎるやろ

って感じでわざわざ新幹線に乗ってCSアセット港サッカー場まで試合を見にいきました。

案の定、不思議な空間が笑いを誘って動画がひろまったんだと思います。

Jリーグ動画がバズりやすいことをリサーチしていた

Jリーグの動画に限らずですが

サッカーのハプニング動画やゴールシーンの動画がバズりやすいことを知っていました。

サッカーファンはサッカーが大好きなので動画を見まくります(ぼくがそうです)

友人がゴール前で撮ったゴールシーンの動画は今でも回り続けています。

なのでサッカー観戦に行った時はできるだけ動画や写真を撮ってシェアするようにしています。

今回はCSアセット港サッカー場という小さなサッカー場ということもあり

何かあると思って動画をまわしていました。

試合自体は京都のぼろ負けで全然おもしろくありませんでした。

場内アナウンスが良いタイミングで録画した

動画を見ていただいたら

おわかりになるかとおもいますが

場内アナウンスがめちゃくちゃ良いタイミングで

非常に暑い日差しとなっています

熱中症にはお気をつけて

水分補給をしっかりとして

と言っています。

アナウンスのタイミングで

スプリンクラーが客席に水をぶっかけているので

嫌味に聞こえるんですよね

この動画のおもしろさを引き出しているのは

まちがいなくこの場内アナウンスです。

タイミングが良かったことは運ですが

動画をまわすタイミングは狙っていました。

実は試合前にも同じアナウンスがあったので

「かならずハーフタイムにも同じアナウンスが流れる」と思い

動画を回していました。狙い通りでした。

タイトルに皮肉をこめた

YouTubeで大切なことは

  • サムネイル
  • タイトル

です。

サムネイルは1発で状況がわかる写真にして

文字も1発で状況がわかることを書きました。

赤色で文字を書くことにより緊急性を出しています。

緊急ハプニング風ですがただの水なので笑える……というイメージで作りました。

タイトル「アウェイサポーターに容赦しないCSアセット港サッカー場」は結構考えました。

コンセプトは皮肉。

しかし矛先はCSアセット港サッカー場という人物ではなく場所にしたことで

だれも傷つけない皮肉になっています。

しかも先述のとおり普段プロが使わないサッカー場だから仕方ないよね感も出す。

サムネイルとタイトルの重要性をあらためて感じました。

即日すぐにアップした

もうひとつ今回狙ったことは即日動画をアップしたこと。

YouTubeとブログの大きな違いは

リアルタイム感があるかないか

だと思います。

具体的にはブログはリアルタイムで読まれるというよりは

ストックしておき、読者が悩みを持った時に検索して訪れる

というものです。

しかしYouTubeはリアルタイムがたいせつ。

なぜなら視聴者が検索するのは「今日のこと、今のこと」が多いからです。

サッカーだけでなく各スポーツの公式ハイライトってめちゃくちゃ早くYouTubeにあがってきませんか?

あれで気づきました。

ブログはストック型のコンテンツで

YouTubeはリアルタイムで流れていくコンテンツ

なのでかならず試合があった6月4日中にアップする必要がありました。

名古屋から帰ってきて

旅の疲れも癒さずにPCに向かいアップロードをしました。

結果的に翌日朝には大バズりきめてましたね。

「検索」してもらって広めてもらう。

弱小チャンネルが生きる道はこれしかありません。

自動で増えることはありません。

運の要素

アウェイチームである京都サンガが1-6の大敗になったこと

あらかじめ言っておくと

ぼくは京都サンガのファンです。

だから1-6で大敗したことについては全く嬉しくないし、むしろ「怒り心頭に発する」です。

あわせて読みたい
【京都サンガF.C.】2022年YBCルヴァンカッププレーオフ 【観戦ブログ】 はじめまして!京都サンガを応援して11年目のパパスタと言います。 地元京都にあるプロサッカークラブ『京都サンガF.C.』を応援しているサラリーマンです。 本記事は202...

ただし、再生回数を伸ばすということを考えると

1-6というビッグスコアはかなり後押しになったと思います。

なぜなら話題性があるからです。

現場に行っていない人からすると

1-6というスコアを見て「何があったん?」って思いますよね。

そこで先述のとおり「検索」するようになります。

検索してみたら京都は大敗してるわ、サポーターは水をぶっかけられてるわ

で、おもしろい動画になっているんですよね。

今回客席に水がまかれたのは

アウェイの京都だけではありません。

現場で見ていましたが

名古屋のサポータ席もぶっかけられていました。

しかし試合内容が京都側のほうが

泣きっ面に水といった感じで

関西的におもしろいんだと思います。

テーマパークの雰囲気でよかった

たしかに暑い日だったので誰も嫌がっていなかったことがかなり運要素です。

あの動画みてもらってわかるとおり

意外と誰も嫌がっていないんですよね。

怒っている人もいない。

(もちろん食べ物とか携帯が壊れたりする人がいたのなら運営側が謝罪と賠償すべきこと)

この日は日差しがめちゃくちゃ暑かったので

ちょうど気持ち良い感じになったんだと思います。

この要素大きいです。

ハプニング動画は誰かが怒ったり

傷ついたりしているものは

おもしろくありません。

今回の動画はテーマパークやカリフォルニアのノリが生まれているからOKなんです。

具体的にいうと現場の雰囲気はカリフォルニアでした。

ぼくがロスに行った時、そこらじゅうで人が水をぶっかけられていたけど

みんなケラケラ笑ってピースフルだったんです。

今回はそんな感じで暑い日なので

スプリンクラーでぶっかけられても

みんなケラケラ笑える雰囲気だったからよかったんです。

動画がバズったあとにやるべきこと

さてこの後が大切だと思い動画を立て続けに3本だしました。

普段よりも再生回数が回っています。

まだまだコスります。

このあとぼくがやる行動は2つ。

  • 動画を出し続ける
  • コメント返信動画をだす

せっかく集客できる動画できたので

この後のコンテンツが非常に重要。

ぼくが考えているのはコメント返答動画をだすことです。

コメント欄が大喜利みたいになっているので

いじらないわけにはいきません。

すべてのコメントに返答します。

ただコレもボケなんです。

普通、コメント返信動画って

著名人が質問に答えたり

学者が悩みに答えたりするものですよね。

今、動画のコメント欄は大喜利化しているので

ぼく宛にコメントしているというよりは

視聴者さん同士でだれがおもしろいコメントができるのか?と競っている感じです。

だれもぼくの返答を求めていません。

なのにぼくがアンサー動画を出します。

違う!そうじゃない笑

と言われるようにおもしろいボケ動画にします。

まとめ

まとめます。

YouTubeでぷちバズを起こすには

  • 何のジャンルが伸びるかあらかじめリサーチ
  • リアルタイムでアップする
  • サムネとタイトルはおもしろく
  • 運も必要

です。

運も自分が行動しないと起きません。

結局、今回のバズも

ぼくがCSアセット港サッカー場に行くという行動をして

帰宅後すぐ土曜日の深夜まで編集し

寝てる時にアップロードしたことで発生しました。

日曜の朝起きてバズりはじめていたので「キタコレ!」って感じでしたね。

まだまだYouTubeは検証に検証を重ねている段階ではあるものの

狙ってバズれたのは嬉しいし

コメントやいいねくれた視聴者さんには

足を向けて寝れないから、ここ数日眠たくなるまで寝れませんでした。

今回はぷちバズの状況と

また大喜利化していたコメントに対して

すべて返信できたらと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる