【誰でもできる】夏休みに人生を変える1冊【2時間で読める】

【東京オリンピック2020】サッカーU-24日本代表vsメキシコ代表【試合感想】

はじめまして
京都サンガを応援しているパパスタ@papasta7と言います。

ゴリゴリの元野球部なのに
プロ野球よりも圧倒的にサッカー観戦の方が好き
地元京都にあるプロサッカークラブ京都サンガF.C.を応援している
39歳のサラリーマンです。

本記事は2021年7月25日(日)に行われた
U-24日本代表vsメキシコ代表の観戦雑記です。

目次

感想

結果は

日本2-0メキシコ

でした。

感想はいろいろありますが

3つに絞ります。

感想
  • 久保&堂安コンビが規格外
  • 林、相馬もよかった
  • 10人相手にあと一点欲しかった

南アフリカ戦に続き

審判の判定がどうこうって思いもありますが

これが国際試合ですよね。

田中碧のイエローとか意味不明ですもんね。

審判の判定も含めて
対戦相手

という気持ちでないと

国際試合では勝てません。

以下で深掘りします。

久保&堂安コンビが規格外

南アフリカ戦に続いて

久保と堂安コンビが良いですね。

1点目は堂安が裏に抜けて右足でクロスなんですが

なぜかファーでフリーの林ではなく

真ん中に走っている久保に合わすという視野ですよね。

久保も競り合いながら確実に決めるってすごいです。

あと1試合目から思っていたんですが

久保くんは点を取った後

『よっしゃー!!』
とかじゃなくて

『バモーー!!』なんですね笑
(Vamos)

U24の2列目

特に久保と堂安はフリーで動いて良いってなってると思うんですが
2人のボールの受け方や抜け出し方はずば抜けていると思います。

この先も2人の出来にかかっていますよね。

林、相馬もよかった

林の良さ

1トップ争いで1試合目、2試合目と林が起用されているんですが

納得ですね。

めちゃくちゃ良いFWだと思いました。

メキシコ戦では
上田、前田、三笘が出てきましたが
今は林一択ですね。
(前田、三笘は2列目で起用されていたけど)

林の良さは

前線からの守備と70分走り続ける体力と雑草魂ですね。

林が前線で走りまくるので
相手のセンバがつられて

堂安、久保がある程度自由に動けています。

相馬の良さ

2列目のファーストチョイスは

久保、堂安、三好だと思いますが

今回は相馬(名古屋グランパス)がスタメンでした。

思ったよりよかったです。

三好とか久保とかとは全然違うタイプですが
めちゃくちゃファイトするタイプなんですね。

ああいう守備ができる2列目は
メキシコみたいにガンガンくるチームには効きますね。

10人相手にあと一点欲しかった

田中碧の鬼パスで堂安が裏に抜けて相手の1発レッドを誘いました。

相手は68分から10人になったんですよね。

日本はそこから前田、三苫を一気に入れてもう1点取りにいったんですが

ダメでしたね。

バランスが悪くなって10人のメキシコに攻められまくりで
結果的に失点。

メキシコがフランスに4-1で勝っているので

グループリーグ確実に1位突破するためには

メキシコ相手に得失点差を広げたかったですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メダル候補のメキシコに2-1はかなり良い結果だと思います

よくを言えば

失点0であと一点欲しかったなあー

というのが正直な感想です。

2連勝で予選ブロック突破はほぼ確実になったので

決勝トーナメントも楽しめるのは嬉しいです。

もう少しこのチームを長く見たいですね。

次回は7/28 フランス代表と。

決勝トーナメントに向けて

ローテーションするのか

メンバー固定するのか

楽しみにしています。

👇ポチッと応援いただけるとブログ更新の励みになります!

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる