MENU
貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください

【京都サンガF.C.】2021年第40節ファジアーノ岡山戦【観戦ブログ】

はじめまして
京都サンガを応援して11年目のパパスタ@papasta7と言います。

地元京都にあるプロサッカークラブ『京都サンガF.C.』を応援しているサラリーマンです。

本記事は2021年11月20日(土)シティライトスタジアムで行われる
京都サンガF.C.vsファジアーノ岡山の観戦記です。

はじめに・・・
ぼくは京都サポーターではありません。

京都サンガの試合は毎試合必ず見ますし

アウェイゲームもガンガン行きます。

10年連続ファンクラブにも入って応援しています。

3年前までは有給を取ってまで城陽まで練習を見に行ったりもしていました。

しかし

立って応援したり、歌ったりしないのでサポーターではありません。

普通に観戦料を支払ってサッカー観戦しているただの一般客です。

本記事は元野球部でバンドマンが書いているサッカーの知識0のど素人アホ感想です。

なので
「俺は紫の戦士を愛しているんや!選手はがんばっているのに!悪いこというな!京都の誇り!キリッ」
って方には本記事は合わないと思われます😅

あらかじめご了承ください。

ゴリゴリの元野球部なのにプロ野球よりもサッカー観戦の方が圧倒的に好きです。

目次

試合前雑記

昇格王手

ぼくがずっと言い続けていたとおり、昇格王手となりました。

前節秋田戦は

ウタカの個人技と、武ちゃんのキレッキレのパスで勝ちました。(勝てました)

結局、決定力不足という課題は残り続け『ウタカの調子次第で勝てるだけ』という現在地がはっきりしたと思います。

毎日シュート500本をサボっていた荒木選手は結婚というゴールを決めましたね!
(アラキング、おめでとう!!)

とはいえ

いよいよ昇格王手です。

勝てば昇格。

もうほぼ、昇格です。むしろ昇格してるんだと思います。

浮かれているわけではなく

数字の事実としてほぼ決まりです。

しかし

京都サンガF.C.の選手、フロント、コーチには口をすっぱくして言いたいです。

勝って兜の緒を締めよ。引きちぎるほどに。

(キジェ監督は一番わかっているので監督には言いません。)

とかく、気を一瞬でも抜かない。

とかく、決定力。

何度も言います。

決定機に確実に決めないと負ける。昇格も逃す。

11年間J2を見てきて苦渋を舐める選手たちを見てきての想いです。

では

なぜ気を抜かない方がいいのか?

以下で解説していきます。

2012年のテキストテキスト事件

ぼくが京都サンガを応援して

いちばん強烈に嫌な思いをしたのが2012年の『テキストテキスト事件』

勝てば昇格という状況が今とめっちゃ似ている。

2012年、京都は最終節で自動昇格圏内の2位にいました。

最終節の相手はすでにJ2優勝・昇格が決まっていたヴァンフォーレ甲府。

試合会場は京都のホーム西京極。

甲府は得点王のダヴィが累積警告で出場停止。

勝てば昇格。

はっきり言って誰もが『確実に昇格できる』って思っていました。

しかし試合結果はスコアレスドロー。

3位の湘南ベルマーレがアウェイでFC町田ゼルビアに勝利し

順位を逆転され、京都は自動昇格を逃しました。

(ちなみに前年2011年であれば3位でも自動昇格でしたが

この年2012年からJ1昇格プレーオフが導入されて

3位の京都はプレーオフへ回りました)

もちろん自動昇格を決めれなかったことは悔しいですが

それ以上に何が原辰徳かと言うと

翌日に京都サンガは公式サイト『J1昇格記念特設ページ』がアップされたことです。

「監督からの感謝のたより」には「テキストテキストテキストテキスト」という文字列。

昇格記念ページを誤って更新したんだと思います。

パパスタ

マジでなにしてんねん

と。

昇格お祝いサイトをあらかじめ用意しておくのはいい。それも仕事。

WEB関係の仕事をやっていればサイト運営の大変さもわかります。

でもアップロードは違う。WEB制作で一番気をつかうところです。

自動更新にしとったんちゃうか?と思う始末。

あきらかにフロントの浮き足立ったウカレからくる大失態です。怠慢です。

2012年はだれもが昇格できると思っていた。

選手も監督もフロントもサポーターも。

たった1人、ぼくだけ『この雰囲気はまずい・・・。兜の緒がゆるゆるになっとる』と思っていました。

そして・・・

忘れもしないプレーオフ準決勝。

相手は6位大分。大分デカモリシに4失点。0-4でボロ負け。

0:30から見てください。

これ、忘れちゃダメ。

ほんとうに。京都サンガのフロントは今ここ、全員でYouTubeを見直すべき。

2012年を思い出すべき。

甲府戦のスタメンで京都に残っているのは

裏方スタッフの中山とテキニパス安藤だけ。

選手や監督はどんどん変わっていきますが

サポーターやフロントは転勤、転校とかない限り

同じチームを見続けます。

わすれちゃいけない。

怠慢をすると結果は離れます。

ウカれると連勝は止まります。

シティライトスタジアムは苦手スタジアム

新型コロ助が到来する前は岡山アウェイは必ず行っていました。

距離も遠くなく

嫁大臣がファジグル(スタ飯)が好きだったからです。

ただシティライトスタジアムには良いイメージがありません。
(雰囲気やスタグルは好き。試合内容がって意味)

ほとんど勝てた記憶がありません。

めちゃくちゃ苦手なイメージ。

あのファジアーノサポーターがバック席にいて

サンガファンも地味にバック席寄りで

おたがいのサポーターが横並びになる異質な雰囲気だからでしょうか?

おもしろいんですけどね。

割と京都にとって鬼門の岡山。

ここで昇格を決めることができるのか・・・。

最高におもしろくなってきた40節

とはいえ

デカモリシも引退したし、あと3試合、京都が圧倒的優位であることは間違いありません。

このヒリツキを楽しみましょう!

40節は組み合わせも開始時間もズレてて超おもしろいんですよ!

2位京都は岡山に勝てば無条件で昇格。

位の長崎は16無敗の首位・磐田と対決。長崎も4連勝中という爆烈な試合。

ちなみに今週末、最も早い時間帯に開催されるのがこの一戦。(キャンプに行ってなきゃ絶対DAZNで見てる)

長崎は勝利が絶対。磐田に勝って、京都の試合結果を待つというのが長崎のスタンス。

4位の甲府にも可能性は残っていて
ラスト3試合オール勝利、引き分けもダメ。
ちなみに秋田との試合は21日(日)なので試合前に昇格への道が途絶えてしまう可能性がある。

うーん、おもしろい!

今週末おもしろいです。

これまでは京都が長崎や甲府の立場だったので

圧倒的優位にいながら昇格争いは精神的安定ですね。

(ここまで11/20 4:00執筆 )

DAZN

感想

京都0-0岡山

ってことで負けました。

岡山まで観戦に行かれた方、ご苦労様でした。

内容はいわずもがなここ1ヶ月変わっていません。

ウタカの調子次第で点が入って決まる

というもの。

秋田戦のようにウタカ個人の力で状況を打開できるときは勝てる、できないときは勝てない。

ってことです。

ウタカ以外の決定力が低すぎる問題。

群馬戦以降、相手は徹底してウタカマーク。

相手もウタカが持つと平気で3人集まります。

京都は2人がフリーになるということです。

それでもウタカを抑えたら、他では点が取れないってこと。

岡山もずっと鬼プレスで強かったです。(とかくパウリーニョが強すぎた)

でも、わすれてはいけないことは

J2のチームはどこも強い。

世界的に見ても、ここまで実力が拮抗しているリーグはないってこと。

秋田戦だって同じでした。

前半中にウタカの2ゴール目がなければ

今日と同じ結果になっていたと思います。

今シーズン、京都の守備は最高で、失点が少なくほぼ負けることはないんですが

なんせゴールがなきゃサッカーは勝てません。

残り2試合で、チームの戦略を変えることはできませんし(変えない方がいい)

『質を高める』っても現実的ではありません。

残り2試合、1試合勝てばいいので

とかく、やりきること。

バイス神を盛り上げること。

ウタカ神を信じ抜くこと。です。

おもしろくなった昇格争い

岡山戦ドローという負け方をして

ネガティヴになりそうですが

全くもって大丈夫。

というか何回もお伝えしているとおり

第37節大宮アルディージャ戦に勝てた時点で昇格は(ほぼ)確定なんです。

あの時点で3位と勝点10あけたら逆転されることはほぼありません。

あと2試合どちらかドローでOK。

なので京都としてはブレずにしっかり守って

しょうもないミスさえしなければ問題ありません。

今までどおり締まっていきましょう。

そんなことより、今節は長崎でしょ。

ここまで4連勝の長崎が磐田とドローで昇格消滅。

甲府が大逆転目指して鬼の再浮上。

長崎なにしてんねん!と笑。

ここまで耐えに耐えて連勝してきたのに

ここで磐田先生に勝たないと!連勝の意味、何もないやん!
そしたらウチの逆転J2優勝が見えてきたのに笑

長崎がまさかの昇格消滅。

ほんとJ2はわからない。おもしろい。

甲府については前段で書いた通り

2012年のリベンジですよ、みなさん。

今回はギリギリのところで京都が昇格をいただきます。

2012年のリベンジを2021年にやる。

いいじゃないですか。

次、甲府に引導を渡すのは京都です。

まとめ

ではまとめます。

  • あと2試合、ドローでいい
  • やることは変わらず、締まっていく
  • 最終戦みんなで笑顔で終わりましょう

今年の京都は11年で一番強い。

一番気持ちがある、一番可能性がある、監督が一番素敵。

川﨑君ヤバい。

やることは変わらないです。

兜の緒を締めて、失点をしない。

です。

次節千葉アウェイの現場には行けませんが

ぼくはDAZN参戦します。

最終戦のチケットはばっちり21日ファンクラブ先行で取れました。

場所は関係ない。

それぞれの場所で集合して、一緒に昇格を目の当たりにしましょう。

👇ポチッと応援いただけるとブログ更新の励みになります!

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる