MENU
貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください

【京都サンガF.C.】2021年第14節水戸ホーリーホック戦【観戦雑記】

はじめまして
京都サンガを応援して11年目のパパスタです。

ゴリゴリの元野球部なのに
プロ野球よりも圧倒的にサッカー観戦の方が好き
地元京都にあるプロサッカークラブ京都サンガF.C.を応援している
39歳のサラリーマンです。

本記事は2021年5月16日(日)サンガスタジアムで行われた
京都サンガF.C.vsモンテディオ山形の観戦雑記です。

僕は京都サポーターではありません。
毎試合必ず見ますし、アウェイゲームもガンガン行きます

しかし
立って応援したり、歌ったりしないのでサポーターではありません。
普通に観戦料を支払ってサッカー観戦しているただの一般客です。

なので本記事はサッカーの知識0のど素人アホ感想です。
(ガチでサッカーのことわかっていない素人のショウモナイ戯言です)

なので
「俺は紫の戦士を愛しているんや!選手はがんばっているのに!悪いこというな!キリッ」
って方には本記事は合わないと思われます😅

予めご了承ください。

目次

試合前雑記

新潟戦に向けての一戦

いや、水戸に失礼やろ!

って話になると思いますが
『昇格を目指す』のであれば大甘です。

現状、京都は
昇格をめざして新潟、琉球とも戦っています。

現状3位。
まだ昇格圏内ではありません。

それは事実であり
目を背けてはいけません。

目の前の相手に勝つことは
新潟と琉球に食らいつくこと。

むしろ目の前の相手にだけ
集中していれば良いほうが楽ですよね笑

昇格を目指すのであれば
昇格圏内のチームと常に戦っているという意識が大切です。

水戸戦のむずかしさ

前節水戸はオウンゴールではありますが
追いついてドローに持ち込んでいます。

今年の水戸は相当攻撃的なサッカーをするので
下手したら両チームともアグレッシブにいくバカ試合になるかも笑

中山とブラウン2トップで来られると
なかなか怖いす。

中山は要注意すね。

ぜったいに水戸戦を落とさずに
次節新潟戦に挑戦したいですね。

(ここまで5/16 6:00執筆)

スタメン

ウタカはターンオーバーなのか体調不良なのかわかりませんが
このタイミングでウタカをベンチ外にするという判断は
キジェ監督も新潟戦を見ていて

今節の京都の使命は

【ウタカ抜きで必ず勝点3】

マジでむずかしい注文だってことは123%承知しております。

試合感想

京都1-0水戸

  • 1チャンスで決め切る力
  • キジェチルドレンの走力
  • 苦しい試合で勝つ力こそ本物

あえて3つに絞りました。

とにかく今節もひりつくひりつく

どちらのチームも集中切れた瞬間に負ける
そんな感じの90分ハラハラドキドキの試合でした。

1チャンスで決める力

僕はDAZNで見るときも
福岡のユニフォームを着て観戦します
(どうせ見るなら気持ちあげていきたいタイプ)

完全に水戸の超アグレッシブサッカーで押されていたなか
1チャンスで決める力。
10年間見てきた他チームの『昇格するチーム』典型です。

内容が劣勢でも1発で決めれば一気に試合の流れは変わります。

本当に福岡よく決めました!

キジェチルドレンの走力

中川、松田が今回も走りまくっていましたね。


この2人は切り替えの速さが別格。
取られて0.2秒で守備ができます。

これって『京都スタイル』ではないんです
あきらかにキジェ監督が湘南でやっていた
『縦の美学』スタイルなんですよね。

あきらかに2020年までの京都と違います。


湘南ベルマーレの『縦の美学』サッカーを
キジェチルドレンの2人が京都で体現するとか
激アツじゃないですか。

途中から入った武富も
キジェスタイルで追いまくりボンバーズでしたよね
追い方は荒木とは別格でした。

やはりキジェチルドレンの選手からは
『何が何でも勝つ、走る、取る』って気持ちがそのままプレーに出ていて
見てて気持ちがいいです。

苦しい試合で勝つ力こそ本物

前節から試合見ていた人ならわかると思います。

(愛媛の後半も含め)山形戦、水戸戦・・・・

順位や勝点差を見ると
必ず勝たないといけない相手であり
僕もずっと相手がどこであれ新潟と琉球と戦っていると書いていましたが

どの試合も楽な試合は1試合もありませんでした。

今節の水戸戦も
案の定、水戸は『失うものは何もないスタイル』の
とにかく前にボール当てて全員で攻めるというサッカーでした。
最後まで脅威だった水戸の選手にもビッグリスペクトです。

ひりつく試合で
この3試合は、本当に『あと10分』が長かったです。

それでも勝ち切れました。

これはデカイ!

幾度も相手の決定機がありましたが
ギリギリのところで足を伸ばしたり
身体を当てて防いできた
京都サンガの選手たちにビッグリスペクトです。

まとめ

今節勝利の大きさは6点分ですね。

新潟戦前にウタカを休ませて勝てたこと
川﨑、福岡も途中交代させれたこと

松田や武田、バイスが出っぱなしなのが心配ですが
まあ大丈夫でしょう笑

楽な試合は1試合もありませんが
あえていうと

1/3が終わって
昇格争いは3チームに絞られてきました。
(あえて言ってますぜ?)

もちろん
このままの順位で最後まで推移することはありませんが
今年のレギュレーションでは
シーズン中盤から
どのチームも今後勝点3を取ることがむずかしくなります。

例年のように
1位から7位までの勝点差5以内になるような団子状態は
考えにくいです。

ここにきて
王者新潟、琉球と勝点1差です。

そして次節ついに

遂に・・・

遂に・・・・

新潟戦です。

これは京都府民みんなで応援したい。

本当によく
新潟戦まで負けずにこれたと思います。

首位への挑戦権を持った我々は
必ず勝つ!

本間至恩には去年の借りがありますからね

もちろん高木、本間だけではなく
新潟の選手たち全員が現在J2最強であることは間違い無いので
胸を借りて

ぜったいに勝ちたい!

来週、J2天王山です!首位いきましょ!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけるとブログの励みになります!

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる