【誰でもできる】夏休みに人生を変える1冊【2時間で読める】

【期間限定】楽天ポイントのかしこい使い方【楽天ペイ】

こんにちは

毎朝5時から朝活をして
『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いている
パパスタ@papasta7と言います。

ただいま楽天経済圏の勉強をしまくっています。

僕は前までこんな悩みを持っていました。

お悩みさん

楽天ポイントの有効な使い方は?
使い方を間違えると損になる?
・期間限定ポイントの有効的な使い方がわからない!!

今回は僕が調べた楽天ポイントの賢い使い方についてシェアしたいと思います。

相当調べて2021年8月現在、最も賢い楽天ポイントの使い方を整理しました。

本記事を読むと楽天ポイントの有効的な使い方がわかると思います。

目次

楽天ポイントの使い方

先に結論を述べます。

楽天ポイントの有効な使い方
  • 通常ポイント:楽天カードの支払い&楽天投資に1Pだけ使用
  • 期間限定ポイント:楽天ペイ、楽天モバイル支払い、楽天市場で100円以下の端数支払い

調べに調べまくった結果

間違いなくこの方法が

楽天ポイントの一番有効的な使い方だと思います。(2021年8月現在)

使いにくい『期間限定ポイント』も

有効かつ、サクッとつかえます。

楽天カードは必須

おとくに期間限定ポイントを使うべき前提条件は

  • ポイ活ガチ勢ではなく、平凡サラリーマン用途
  • 楽天カード所有
  • 日常使いしかポイントは使用しない

やはり楽天カードは必須。

今回の記事も楽天カードを持っている前提で解説します。

まだ持っていない人はだいぶ損をしているので

すぐに楽天カードを作りましょう!

楽天ポイントは2種類ある

楽天ポイントは2種類あります。

  • 通常ポイント
  • 期間限定ポイント

くわしくはこちらの記事で深掘りしていますのでご参照ください。

あわせて読みたい
【楽天経済圏への道】『楽天ポイント』の種類について【ポイ活】 楽天経済圏への移行をはじめるために日々勉強をしていますパパスタと言います。(二児の父平凡サラリーマンで200記事毎日ブログ更新達成) さて今回は 楽天経済圏の入る...

ざっくり簡単に説明すると・・・

通常ポイント:最後にポイント獲得した日から1年。ほとんどのサービスで利用可能
期間限定ポイント:有効期限が短い。利用範囲が制限されている

って感じで

さまざまなキャンペーンでポイント付帯されるのは

期間限定ポイントです。

たまりやすいけど

使いにくいというポイントです。

楽天通常ポイントの使い方

通常ポイントの使い方は一択です。

『楽天カード支払いに使う』&『楽天証券に1Pだけ使用する』

です。これ以外にはありません。

楽天カード支払いに使う

楽天通常ポイントを使えるサービスは多いです。

通常ポイントを使用してお買い物もできますし

楽天証券でポイント投資をして資産化することができます。

ただし

ほとんどのサービスで楽天ポイントを使用した場合・・・

楽天ポイントを使用すると

ポイントを差し引いた金額の対してのポイント加算になります。

めちゃくちゃ簡単に説明します。

  • すべてのポイント倍率を10倍と仮定
  • 5,000P使用して5,000円浮かせたい

としますね。

20,000円の品物を買った場合、ポイント倍率を10倍
20,000円に対して2,000Pポイント加算されますが

5,000Pを使用して買うと

ポイントを差し引いた15,000円に対しての1,500Pしか加算しかされません。

ポイント還元1%とかであればそんなに変わりませんが

ポイント還元10倍とかになっていれば
この差がどんどん大きくなります。

チリも積もれば山です。

結局現金5,000円分支払わなくて良くなっているんやから
ポイントで支払ってもええやんけ!

って思う人が出てくると思います。

僕も昔は楽天市場でガンガンポイント消費していた情弱でした。

では

『楽天カード請求時にポイントを使った場合』はどうでしょうか??

20,000円の品物を楽天カードを利用して購入した場合

後日、楽天カードから20,000円の請求があります。

クレジット請求時に5,000Pを利用して、残り15,000円引き落としにします。

楽天カードは利用金額に対してポイント加算されます。

つまり今回であれば利用額20,000円に対してポイント加算になるので
200P加算されます。

さらに楽天市場で20,000円分支払ってすでに2000Pもゲットしているので

今回の買い物で合計2,200P獲得したことになります。

いっぽう楽天市場で5,000P使用した場合は

利用額15,000円に対してポイント加算になるので150P加算されます。

楽天市場での獲得1,500Pと楽天カード利用分150P加算で

合計1,650Pになります。

手元から支払った金額(15,000円)と使用したポイント(5,000P)は変わらないのに

最終的な受取ポイントが550Pも変わってくるということです。

使い方を知っている知らないだけでコレだけ変わります。

今回は楽天市場での例ですが

他のサービスでもほとんど同じです。

通常ポイントは楽天カードからの請求時に使用することが一番かしこいです。

楽天証券に1Pだけ使用する

通常ポイントを使う上で

『楽天証券に1Pだけ使用する』っていうことを忘れてはいけません!
(楽天証券をやっていない人はスルーでOKです)

上記で楽天カード払いにポイント使用でOKと説明してきましたが

1Pだけは残しておいてください。

1Pは楽天証券で積み立て投資をする際にポイント投資してください。

楽天証券は

毎月500円以上の投資と1Pでも楽天ポイントを使用した場合、SPU1倍獲得することができるからです。

1Pだけ投資っていうところがミソです。

なぜならば

先述の通り・・・楽天証券もポイント投資分はポイント加算されません。

楽天証券の場合もできるだけ楽天カード支払いにしてポイント加算させて
楽天カード請求時にポイント消費をした方が良いです。

楽天証券で1Pだけポイント支払いにしてSPU1倍にしておく

期間限定ポイントの使い方

期間限定ポイントは

通常ポイントと違い

使用できるサービスと期間が限定されているので要注意です。

期間限定ポイントをいかに上手く使うか!?
っていうのがコツです。

今回はポイ活ガチ勢ではない平凡サラリーマンにとって
使いやすい期間限定ポイントの利用方法
を考えました。

期間限定ポイント使用優先順位

【結論】

優先順位

  1. 楽天ペイで使う
  2. 楽天モバイルで支払う
  3. 楽天市場で100円以下端数支払い

コレがベストです。

他にも使える部分はありますが

先述の通り

ポイント使用をすることによって新たなポイント加算が減るものは除きます。

楽天はポイント使用ルールをけっこう変えてくるのでその都度チェックが必要

楽天ペイでポイントを使う

楽天ペイとはスマホ決済アプリです。

photo

楽天ペイアプリをダウンロードしてコンビニでバーコードor QR決済をします。

楽天ペイを利用できる店舗はまだそこまで多くありませんが

コンビニで使用することができます。

コンビニは日常的に利用するので期間限定ポイントはコンビニで消化します。
(ポイント消化する=その分のお金を節約できる=投資に回す=またポイントがたまる)

メリット
デメリット
  • 自動的に期間限定ポイントを優先使用してくれる。
  • コンビニは日常的に使用するので効率よくポイント消費ができ節約できる。
  • 楽天カードからチャージすると1.5%ポイント還元。
  • 期間限定ポイントを使っても1%還元。
  • 携帯を出して、アプリ立ち上げてバーコード読み取りをしてもらうという手間がかかる。
    (AppleWatchでAppleペイに慣れていると意外にストレス)
  • アプリはオンライン状況じゃないと使用できない
  • たまにアプリ不具合で使用できない時がある(楽天サービスあるある)

デメリットが結構多いし、楽天サービスは不具合が多くてストレスになる部分が多いですが、
少しがんばれば出来ることなのでがんばりましょう笑

楽天ペイのアツいところは期間限定ポイントが使用できるうえに、ポイント支払いも1%ポイント還元されるところです。

あとは楽天カードから200円チャージごとに1ポイント加算&100円支払うごとに1ポイント加算されるので
ポイント加算されまくりです!

楽天Edy(電子マネー)とはまた違うので要注意!!

浮いたお金は楽天投資で積み立てしましょう!

楽天モバイル

利用サービスに制限がある期間限定ポイントですが

楽天モバイルの支払いに利用できます。

なかなかアツイです。

現在楽天モバイルは1年間基本使用料無料キャンペーン中なので

実質ポイントが使えるのは1年後になりそうです。

メリット
デメリット
  • 楽天ポイントで支払った金額の1%がポイント還元されるのでさらにポイント加算
  • 楽天モバイルを使うとSPU対象(+1倍)になる
  • 楽天モバイルは新規参入業者で何かと不具合が多い(らしい)
  • 口コミがめっちゃ悪い。笑

楽天でんきはどう??

楽天でんき支払いでも期間限定ポイントが利用できます。

楽天モバイル同様、期間限定ポイントを支払いしても0.5%のポイントバックがあります。

楽天モバイルよりポイントバックが減るので

  1. 楽天ペイでコンビニ支払い
  2. 楽天モバイル支払い
  3. あまったら楽天でんき

の順番で良いかと思います。

楽天市場で100円以下端数支払い

楽天市場で買い物をした際、100円以下の端数に対してポイント支払いをします。

100円以下はポイント還元ありませんので。

どうしても有効期間締め切りまでポイントが使いきれない人は楽天市場で使い切りましょう。
(無駄な買い物はダメ)

ポイント失効が一番の悪です!

まとめ

いかがでしたでしょうか

楽天ポイントは使い方次第で2重どりが可能です。

ポイント支払いに対してポイント加算されるもの

コレを上手く利用しながらたくさんポイントを貯めることができれば
楽天ペイで現金を使用することが減るので
生活に経済的余裕が生まれそうですね。

少し手間があったり
楽天のサービスには何かと不具合がつきものですが

少しの手間と情報をインプットすることができれば大したことではないと思います。

それよりも楽天ポイント生活は『痛みのない節約』なのにやらない理由が無いと思います。

みんなでポイント勉強してキャッシュを残していきましょう!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけるとブログ更新の励みなります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる