横断歩道は【歩行者】の聖域です。一時停止しましょう。

スポンサーリンク
自動車保険

横断歩道で『一時停止』していますか?

どうも

音楽業界から損害保険業界へ異例の転職を果たし、
毎日、交通事故の対応をしている

パパスタです。

今回の記事は久しぶりに自動車事故啓蒙記事です。

要点だけをまとめた短い記事にしたので

自動車、バイクを運転される方はぜったいに読んでください。

スポンサーリンク

横断歩道で『一時停止』していますか?

JAFの調査によると【一時停止】の履行は

全国平均8.6%です。

ヤバイですよね。運転している人90%が横断歩道の前で一時停止していないんです。

世界的に見ると

横断歩道で歩行者が待っている場合は、自動車は止まるのが普通。

ほとんどの国で
【道路は歩行者(弱者)が優先
というルールが浸透していて【世界の常識】になっています。

発展途上国の様に、道がまだ整備されていない国なんかは自動車優先の場合が多いです。

日本はどうでしょうか

普段自動車を運転している時に本当に良く感じますが

(信号のない)横断歩道で歩行者が渡ろうと待っていてもほとんどの自動車が止まらないです。

一番アカンやろ!って思うのは

子どもや年配の方が待っていても止まらない ってことです。

  • 自分の車が通りすぎたら渡れるやろ
  • 他の車もそのまま行っているし流れを止めたらアカン
  • 道は自動車優先。歩行者が気をつけるべき

等々の理由があると思います。

考え方が真逆です。

他人をさっ傷してしまう可能性がある道具を使っている側が
歩行者を守るべきなんです。

日本の法律も【歩行者優先】

カン違いしたらダメなんですが、国が自動車優先を認めているわけではありません。

法律で『歩行者優先』は定められています。

国は世界基準ですが

日本のドライバーが違反をしているだけです。

刑事も民事も歩行者優先

道路交通法では

  1. 横断歩道等の直前では停止することが可能なスピードで走行
  2. 横断中や横断しようとしている歩行者がいる時は、横断歩道の直前で一時停止し、通行を妨害しない

と定められています。

要するに自動車やバイクのせいで歩行者の歩くスピードを速めないといけなくなったり、立ち止まらされた場合、道路交通法違反となります。

歩行者を横断歩道上で妨害する行為は全て道路交通法違反です。

もちろん、反則金が課せられます。

・横断歩道等における歩行者等の優先

   罰  則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金

   反 則 金 大型車1万2千円、普通車9千円、二輪車7千円、原付車6千円

   基礎点数 2点

https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/oudanhodou/info.html

歩行者が自車のせいで早歩きになったり、止まることになったり、また横断歩道に出れない状態にした場合、警察がいたら即キップ案件であることを頭に叩き込んでおきましょう。

一番おそろしいのは・・・

横断歩道上で歩行者と接触する事故を起こした場合はおそろしいです。

正直、こういう横断歩道上で歩行者と接触した事故報告が入っても
僕たちが契約者を助けてあげることはむずかしいです。

なぜなら圧倒的に全面的に道義的にも100%ドライバーが悪いからです。

人身事故になった場合、

刑事処分、民事上もとても重い責任がドライバーに問われます。

刑事処分では

厳しく罰せられることを覚悟したほうがいいです。

重複しますが、日本の法律では【横断歩道は歩行者の聖域】となっています。

日本のドライバーが守らないだけで、世界の常識と同じように【歩行者(弱者)が優先というルール】です。

なので検察も厳しく罰を追求し、起訴され刑事裁判で重い判決がでることも少なくありません。

民事上(保険会社対応部分)

ほぼ100%と言ってもいいぐらい自動車側に全面的過失になります。

保険会社としては相手方の治療費や民事賠償については対応できますが

道義的なところについては契約者本人しかできません。誠心誠意対応する必要があります。

信号機のない交差点だけじゃない

ちなみに信号機のない横断歩道の話だけではありません。

信号がある交差点でも
左折・右折の先の横断歩道では全く同じことです。

特に大きな交差点でめちゃくちゃ多いんですが

向こうから横断歩道を歩行してくる歩行者がいたとして

まだ向こうのほうにいるからと
歩行者の横断より先に左折してしまおうとするバイク、自動車。

大違反ですから!

横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

道路交通法第三十八条

まとめ

僕が毎日交通事故を対応していますがドライバーの方で

【横断歩道】を甘く見ている人が本当に多いと感じます。

いざ、事故が起きたときに痛い目を見るのは自分です。

一番痛い目を見るのは被害者である歩行者です。

歩行者との接触事故は本当に本当に大変です。

自動車の出会い頭事故とは違い、運転者の意識次第でノーリスクになることなので

意識して運転しましょう。

今後の提案ですが

横断歩道を歩行している人、横断歩道を渡ろうとしている人がいれば

100%止まって渡りきるまで待ちましょ。

何分もかからないし、それで事故のリスクが0になるのであれば余裕でしょ?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました