MENU
貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください

【無料期間増えている!】Amazonのオーディオブック“Audible (オーディブル)” 無料おためし期間でできること【通勤時間の神】

こんにちわ

毎朝5時から朝活をして
『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いている
パパスタ@papasta7と言います。

みなさんはAmazonの本気のオーディオブックサービス

“Audible”(オーディブル)を知っていますか?

オーディブルは今トレンドになっていて

時間のないサラリーマンや主婦にとって

『ながら聞き読書ができる』と話題です。

Audibleを試して1冊読み?聞き?終わりましたので

使用感とか使い勝手とか感じたことをシェアします。

  • 本を聞くってどうなん?
  • Audibleを使ってみようか?
  • Audibleってなに?

って悩みにお答えできるかと思います。

Audibleとは?

Amazon大先生が提供しているオーディオブックです。

プロのナレーターが本を読んでくれますので、音で聴いてインプットできるんです。

現在、2ヶ月間の無料お試し期間(12/14まで)で

1ヶ月につき1冊が無料でゲットできます。

『試すのにちょうど良い!』タイミングですよ!

Audibleを無料でためしてみる

あわせて読みたい
【12/14まで】聴く読書“Audible”オーディブル2か月無料キャンペーンまとめ【Amazonからクリスマスプレ... 少し早いアマゾンからのクリスマスプレゼントです! 本日は別記事を投稿予定だったんですが 超お得情報が入ったのでシェアします。 こんにちわ 毎朝5時から朝活をして『...
目次

Audible (オーディブル)を無料期間でできること

ぼくはいちばん最初の無料お試し1冊に

『嫌われる勇気』という自己啓発本を選びました。

ふつうに紙書籍で読みたかった本だったのですが

どうせならAudibleを試してみようと💡

結果はこちらの記事にまとめていますが・・・

あわせて読みたい
【12/14まで!】オーディブルで人気書籍『嫌われる勇気』を聞いてみた【2ヶ月無料キャンペーン中!】 こんにちわ 毎朝4時半から朝活をして『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いているパパスタ@papasta7と言います。 Amazonのオーディオブック(聴く読書)...

個人的には大アリでした。

まとめると

Audibleの良かったところ
  • 通勤時間やウォーキング中に超最適
  • プロのナレーター朗読で耳ごごち良し
  • 活字が苦手な人もインプットしやすい

こんな感じで

すきま時間にサクッと知識をインプットするのに最適なサービスだと思います。

なのでオーディブルはこんな人たちにおすすめだとおもいます。

  • 本を読みたいけど活字が苦手な人
  • 本を読みたいけど時間がないって人
  • 通勤に電車バスや自家用車を使用している人
  • ウォーキング、筋トレをしている人

まずは知識を入れたいけれど、活字や読書が苦手な人のインプットとして

あとは読書したいけれど時間がないって人にむけてすきま時間を利用するという方法。

時間は有限ですからね。

上手く利用していきたいところです。

実際にAudibleを使ってみて気づくこと

30日の無料期間だけ利用でも意味がある

ぼくが『オーディオブックやってみよかな』って思った理由は

  • 出勤時間
  • ウォーキング時間

の有効活用です。

音楽を聞くのも良いけど、何かインプットする時間にできひんかな?と考えました。

通勤時間やウォーキング中に超最適

無料の体験期間でも恩恵を感じやすいのは

『通勤時間とウォーキング中』です。

ウォーキング中なんてめっちゃ良いです。

運動中なのでアドレナリンでまくって
集中して聞けますしめっちゃ入ってきます。

というかAudibleは『すきま時間を有意義なものにする王』だと気づくことができます。

もちろん家事しながらの『ながら読書』なんかも良いです。

『あれ?今聞き漏らしていた』なんて時も

1タップで戻れるので全然問題ないです。

アプリも良い

良いサービスでもアプリの使い勝手が悪かったら嫌ですよね

その点、オーディブルはさすがAmazonのサービス!と言えるぐらい

アプリの使い勝手が良いです。

  • 章ごとにトラックがわかれている(頭出しができる)
  • 1タップで30秒戻れる
  • 0.5から3.5倍速までえらべる

簡単に聞き逃したところに戻れます。

すき間時間を有効活用するにはもってこい

プロのナレーターで耳障り良し

朗読してくれる人はプロのナレーターです。

めっちゃええ声なので耳障り良いです。

話し方もていねいでゆっくりなので聞きやすいです!

ぼくが選んだ『嫌われる勇気』と言う本は

とくにオーディオブックの一冊めにオススメ。

対話物語形式の本になので聞きやすい。

物語調の本であればナレーターが

めっちゃ演技も入れてしっかりしてくれるので

NHKラジオドラマを聞いているみたいになります笑

しっかり感情を込めて読んでくれるので

オーディオブックは『小説』や『ファンタジー系』と相性が良いです。

プロのナレーターで臨場感あり

活字が苦手な人も本の世界に触れられる

ぼくは井上雄彦先生崇拝者で

ほぼ本を読まずマンガばかりの生活でしたが

最近は学びのために根性で本を読んでいます。
(あたらしい時代では勉強をしない人は淘汰されます)

Audibleのおおきなメリットの一つに

『活字が苦手な人も本の世界に触れられる』

というものがあります。

ぼく自身、もともと本を読む習慣がなくて本に対して敷居の高いものというイメージがありました。

そういった方や特に読書嫌いの子どもに『本の世界に触れる』というとっかかりとして

とても良いと思います!

オーディオブックで読んだ良い本は

実際の紙書籍でもほしいってなって買ったこともあります。

Audibleのデメリット

Audibleは合う本、合わない本があります。

メモを取れない

たとえば『嫌われる勇気』という本は自己啓発本です。

ぼくは紙書籍を読むときには

メモを取ったり、マーカーを引きながら読みます。

あとでまとめたり、気になった点を読み返したりブログでアウトプットしたりするためです。

Audibleは基本的に『ながら聞き』なので

『あ!ここ重要!』と思ってもとっさにメモを取ることができません。

あとで聞きなおそうとしても

分量が多いので、どこがポイントだったかもどりにくい。

アウトプット前提で本を読んでいる方は

すこしむずがゆくなるかも知れません。

本を読むより遅い

読書に慣れている方は本を読むのが早いと思います。

そういった方にはAudibleは進むのが遅くてイライラするかも知れません。

ナレーターはわかりやすくゆっくりていねいに読むので

普通に読破するより時間がかかります。

人によっては『遅い!』ってなるかも笑
(速度変更はできるのでご安心ください)

それに聞き流しになるので

紙書籍であれば飛ばすようなところも

聞き続けることになります。
(いちいち操作しながら聞かない)

なので1冊をサクッと読むことができる人にとっては

オーディオブックは長く感じてしまうかもしれません。

まとめ

ぼく個人的にはAudibleはアリです!

あたらしい学習方法としてみんなにおすすめしたい。ひろめたい。

なんせ移動時間とウォーキング時間を有意義に使えるのは大きい。

音楽を聴くだけでなく『本を聞く』という選択肢が増えることはいいですね。

Amazon先輩の得意技で無料お試し期間すぎると勝手に課金されます。

なのでGoogleカレンダーやiPhoneのリマインダーで通知を設定して

サクッと解約すればOKです。

ぶっちゃけ『とりあえずやってみたらいいやん!』って思います。無料なので。

やってみてアカンかった即解約して

Amazon先輩に『本は聞くものではなく読むものだ!』とメールしたらOKです。

あとワイヤレスイヤフォンがあった方がいいです!


こちら現状コスパ最強のBeatsワイヤレスイヤフォンノイキャン付きです。

最強です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけるとブログ更新の励みなります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい
Audible(オーディブル)の疑問完全解説【Amazonのオーディオブック】 こんにちわ 毎朝5時から朝活をして『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いているパパスタ@papasta7と言います。 毎日オーディブルを利用して知識を注入し...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる