MENU
VLOGはじめました!【週末ルーティン】発信中!

【本要約】8割の人が副業月収3万円未満なのに好きなことだけして月収100万円稼いだサラリーマンが教える本気の副業術【AKIOBLOG】

お悩みさん

・副業でお金なんて稼げるの?
・会社をやめたい。とにかくやめたい。

こんな悩みを解決する記事を用意しました。

記事で紹介する良本『8割の人が副業月収3万円未満なのに好きなことだけして月収100万円稼いだサラリーマンが教える本気の副業術』を読めば

だれでも副業(複業)マインドが身に付きます。

かならずです。


なぜなら実際に

ぼくは新型コロ助による第1回緊急事態宣言時に

ブログをはじめて

2年目の現在、毎月約10,000円の副収入を得ています。

本記事では、前半で「」を解説し

後半では具体的な文章を書くためのテンプレートを紹介します。

最後まで読んでいただくことで

だれでも「人生を全力でやる」とぴう読者に満足してもらい、SEO対策にもなる良質な記事を書くことができます。

最後までじっくり読んでください。

本書をオススメするのは副業にチャレンジしたいサラリーマンです

目次

本気の副業術【本要約】

さっそくこの本の要約、伝えたいことをお伝えします。

迷ったらやる

です。

めちゃくちゃわかりやすい。

シンプルで即行動に移しやすい結論ですね。

筆者は

「目の前に選択肢が出てきた場合、迷ったらすべてやるべき」

と主張しています。

本書は「好きなことだけをして月100万円」と言っていますが

はっきり言ってあおり文であり

本書のほとんどが「自分のマインドを変えて行動すること」という

きびしめの内容です。

が、わりとぼくたちサラリーマンにとって

持っておくべき挑戦マインドであり

惰性で生きるな!と啓蒙している本でもあります。

AKIOBLOGって?

筆者を紹介したいと思います。

筆者は新卒でリクルートに就職

副業でブログ、YouTube、他事業をすすめて

3年目には副業収入で100万円/1ヶ月を達成しています。

現在は独立して会社を運営されています。

ぼくは筆者のYouTubeをチャンネル登録して

いつもやる気をもらっています。

ぼくの大好きなAKIOBLOGさんの名言は

人生は一度きり。滾る以外の選択肢ないでしょ

この言葉めちゃくちゃ好きなんです。

すべて集約されていますよね。

がんばって生きていれば

意識高い系w

とバカにされますが

人生は一度きり。滾る以外の選択肢ないでしょ」って言ったら

冷笑する人は何も言い返せずに「ぐぅ……」ってなりますよ。

ぼくもあなたも人生は一度きり。

自分を使い切らないともったいない。

迷ったらやる

人生が変わった瞬間

筆者のYouTubeでのキャラクターは

「自分に鬼ストイック」な自己研鑽キャラクターです。

そんな筆者を動かしているのは

中学、高校時代の青春時代の過ごし方を激しく後悔しているパワーだそうです。

筆者は昔から熱くストイックな子どもだったわけではなく

高校を卒業して浪人生になるまでは

惰性でなんとなく生きたとのことです。

高校の卒業式が終わって

家でダラダラとYouTubeを見ていた時

GOINIG STEADYとうバンドの

「童貞ソーヤング」という曲のPVを見たときに

「自分の青春時代と違いすぎる」と衝撃を受けたとのことです。

自分は大切な青春時代を学校生活もサッカーも恋愛もそこそこにしてしまった。

人生は1度しか無いにも関わらず

今までの18年間、本気を出していなかった

2度と戻ってこない青春時代をだらだらと過ごしてしまった激しい後悔が

「2度と後悔をしないように、やりたいことは全部やって生きる」

という考え方になったということです。

大量の読書のうえ、出た結論

本を読むことは人生の一角になる

ということで筆者は自分を変えるためにたくさんの本を読んできました。

成功している人が共通して言っていることは

「行動することによってのみ世界が変わる」

ということです。

行動しなければ現実は何も変わらない

ということを学んだ筆者は

自分の行動量を最大化するため

迷ったらやる

ということを人生のルールに設定します。「」

迷ったらやる

行動した先にあるのは成功か学びの2つだけ。

筆者は「迷ったらやる」というルールのもと

大学入学後から、 えげつない行動をしています。

本書で紹介されているだけでも

  • 0円ヒッチハイク日本一周
  • アメリカ大陸横断
  • 大学を休学して世界一周
  • 新聞配達のアルバイト
  • コンビニでアルバイト
  • バックパッカーサークルを作る
  • 空き家を改装してカフェ&バーをつくる
  • クラブでアルバイト
  • ビジネスプランコンテンストに出場
  • シェアハウスに住む
  • 新規事業開発インターンシップに参加
  • プログラミングを勉強
  • ラフティングのインストラクターになる
  • 演劇部に入部して役者をやる
  • 動画編集を勉強する
  • 無人島サバイバルに4回挑戦

えげつないですよね……

「童貞ソーヤング」を聞いて

ここまで行動できる人はなかなかいないですよね笑

で、これらの行動はすべて成功したわけではなく

諦めたこと、悔しい思いをしたこともたくさんあったとのことです。

ただ1つ残らず

「やったほうがよかった」

と言えるとのことです。

どういうことかというと

挑戦の結果、上手くいかなかったとしても

行動から多くを学ぶことができたからということです。

行動した先にあるのは成功か学びの2つだけ

即行動であっていなければすぐやめる

行動しても

あっていないと感じたらすぐにやめること

コレも大切だとのこと。

やめることは失敗ではなく

「自分には向いていなかった」

という学びになります。

行動した先にあるのは

成功か学びの2つだけ。

失敗はありません。

「失敗」という字は

敗れるを失うと書きます。

行動して

上手くいかなくても

次の行動にかならず繋がり

あなたの敗けは失われます。

ようするに行動し続ける限り敗けはありません。

迷ったらやる

ただそれだけ。

そのさきにあるのは

成功か学び。

どちらにいっても

行動した時点であなたの勝ちです。

副業で成功する4つのメソッド

本書では副業で成功する4つのメソッドが紹介されています。

要約すると

定時退社できる会社に就職しよう

ってことです笑

サラリーマンの時間は限られています。

使える時間は土日祝日と

平日朝と夜のみ。

本業と副業の両立には定時退社がかならず必要です。

応援される人間になる

メソッド1は「応援される人間になる」です。

本業と副業を両立させるには

ぶっちゃけ本業の同僚から応援される必要があります。

もっとかんたんに言うと

自分が定時退社することを理解してもらう必要があります。

筆者がリクルート会社員として働くなかで決めていたルールは

「定時である18時には退社する」

ということです。

おそらく多くの日本人が

そんなことできない……

って思うかもですが

筆者は他の同僚が20時を過ぎて働く中

18時になったら元気よく「お疲れさまでした!」と退社していたとのことです。

会社にも副業申請をしているので

同僚からは「あいつは定時に帰って副業をしている」って思われているわけです。

しかし

筆者は同僚の目は一切気にせず

18時の定時までは本業。18時から22時までは副業。

という姿勢を貫いたとのことです。

本業をやっている以上

副業の時間は限られています。

副業をするためには

  • ムダな残業はしない
  • 呑み会にはいかない

を徹底しましょう。

周りの目や同僚から「意識高い系」といわれても

一切気にせず

「会社員という仕事に翻弄されて、何も考えず惰性で日々を生きるような人間にはぜったいにならない」

と決めていたようです。

定時退社するためにはどうしたらいいか

サラリーマンのぼくなら

「いつも定時で帰る同僚」がいたらダルいって思っちゃいます笑

パパスタ

なんでオレがまだこんなに残業してんのに
あいつは毎日定時に帰ってんねん

って感じで不満に思っちゃうと思います。

筆者の会社リクルートでもきっと同じように思っていた人がいると思います。

そこで筆者が18時定時退社をするうえで行ったのが下記の6つ

  1. ミスをしない
  2. ビジョンを伝え共感してもらう
  3. 本業で結果を出す
  4. 副業で結果を出す
  5. 副業と本業で相乗効果を生む
  6. 個人の成績を応援する文化のある会社で働く

今回は特にたいせつだと思ったところだけシェアします。

本業で結果を出す

自分の副業を応援してもらうためには

当たり前ですが

本業でミスをしない&結果を出すことが最重要です。

副業をやるために毎日定時退社している筆者が会社でミスをすると

他の同僚よりも目立ちます。

「副業ばっかりやっているからだ」

「副業なんてやっていないでしっかり働けよ」

という当たり前の非難につながります。

なので普通の人よりも

集中して本業の仕事をやる必要が出てきます(結果的に成績向上につながる)

そして大前提なのが

本業で結果を出すということです。

18時定時退社も

副業を認めてもらうのも

本業で結果を出してこそ

だからです。

逆を言えば

仕事で結果を出していれば

18時定時退社でも誰も気にしなくなりますよね。

筆者は

会社で1番の成績でなくても

常にグループで上位の成績を残すこと。

他よりも突出した結果を残せば

だれも文句は言えなくなる。

常に

時間が限られている中で最大限の結果を出すためには何をすべきか?

を考えながら仕事をするというのが

というのが筆者の考え方です。

筆者は本業中は鬼の集中で結果を出すことだけにコミットしていたわけです。

会社員として組織に身を置きながら

自分の意思を貫くためには周囲との関係性を作る必要があるということです。

個人の成長を応援する企業ではたらく

最後に

個人の成長を応援する企業ではたらくこと

がたいせつです。

あなたがどんなに時間内で成果をあげて本業をしていても

普通は、残業するもんなんだ

って考えている昭和のバカ親父上司がいる会社では

副業はできません。

副業をやるうえで大切なことは

そもそも「個人の成長を応援する企業」で働いてるかどうかです。

ぼく自身、副業禁止の会社に勤めながら

隠れてブログ運営をしているので

ブログやYouTubeで顔出しができません。

副業OK、個人を応援してくれる制度がある会社に就職するというのは

給料の良し悪しより重要なことです。

たとえば筆者が勤めていたリクルートは

明確に個人の成長を応援する仕組みがあります。

そのなかのフロンティア制度(早期退職制度)というのは

勤続5年以上の社員が

早期退職するさいに

年収1年分のステップアップ支援金がもらえるというものです。

リクルートで5年働けば

年収1千万円ほどになるので

かなり大きな金額ですよね。

そういう制度が整っているため

リクルートには会社にしがみつこうとする社員はおらず

リクルートで成長した人間がどんどん辞めていき

その文化に惹かれて若くて優秀な人材がどんどん入ってくる

ようするに個人を大切にする制度を持っている会社

企業としても良い人材の循環行われているということです。

実際に有名な実業家がリクルート出身であることが多いですよね。

ブラック企業で働く人がいるから

ブラック企業は生き残ります。

今後は個人を大切にする企業が残ります。

就職、転職する際には「個人を応援してくれる企業か否か」をポイントに

検討しましょう。

AKIOBLOGとの出会い

最後にぼくがAKIOBLOGファンであることを紹介します。

ぼくは「前向きに自己研鑽しまくるルーティン動画」を発信しています。

ルーティン動画を撮ろうと思ったのは

AKIOBLOGのルーティン動画と出会ったからです。

(具体的に言うと AKIOBLOGと一緒に会社をたちあげたレッツゴーなぎらさんの「社長に質問してみた」という動画)

AKIOBLOGさんは本業、副業、筋トレを本気でストイックに過ごしている

家は6畳一間でTV等なし。ミニマムでめちゃくちゃシンプルな暮らし

(現在はご結婚されて嫁様とお子様と暮らされています)

ぼくももっと毎日を大切に生きていかないといけないと思い

ブログとYouTubeでログを残していこうと思いました。

まとめ

まとめます。

やりたいことで生きていく

副業で結果を出すには

  • 迷ったらやる
  • 定時退社するために本業でも結果をだす

の2つです。

単純ですが明確な答えだと思っていて

まずは迷ったらやることで行動を最大化し

本業で結果を出すためには

ムダな私語やムダな作業は全部はぶくために思考することになります。

すべて自分のスキルに直結するんですよね。

本書ではもっと具体的に熱くマインドセットについて書かれています。

副業、転職を考えていないかたでも

ぜひ一読ください。


Kindle Unlimitedを1ヶ月だけ入会して読破後、Kindle Unlimitedやめたら980円で読めます。

1時間でサクッと読めてかなり熱くなれるのでオススメですよ!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけるとブログ更新の励みなります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

\ あたらしくYouTubeチャンネルを開設しました /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる