【誰でもできる】夏休みに人生を変える1冊【2時間で読める】

【0質問は】ググればわかることを聞くテイカーとは付き合うな【やめよう】

こんにちは

普段は損保会社で働いているサラリーマンです。

自動運転が普及したら自動車保険が無くなり失業するので

必死に他のコトを勉強中です。

さて昨日『バカと付き合うな』という本を要約記事をシェアしました。

あわせて読みたい
【本要約】バカとつきあうな【読書感想】 こんにちわ 損保会社勤務の平凡サラリーマンです。 今回は堀江貴文、西野亮廣著『バカと付き合うな』という本を読みましたので 感想も含めて要約します。 ちなみに僕は ...

その続き【0質問をしてはいけない】ということを深堀りしてシェアしたいと思います。

0質問とは

単純に言うと『ググればわかることを聞く』ことです。

自分で調べずに相手に簡単に聞いてしまうことです。

ごめんなさい。

勝手に僕が作った造語です笑

本記事は耳が痛くなる人もいるかもしれませんが

『自分で調べる』というのは
今後の情報時代を生きていく上で必須スキルなので

一緒に考えてみましょう!

目次

0質問をする人はテイカー

0質問をする人はテイカーです。

テイカー、すなわち奪う人です。

あわせて読みたい
【要約】GIVE&TAKEの意味とは【読書感想レビュー】 与える人こそ成功する時代に突入しました。 GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代 を読み終えました。ずーっと読みたかった本でした。帰省が無くなったステイホー...

0質問には2種類あります。

調べればわかることを相手に聞くこと

【調べればわかること】を「どうすればいいですか?」と相手に聞くことです。

今の時代

ほとんどの疑問はGoogle先生に聞けばわかるようなことばかりです。

『ググれば』一発で出てきます。

ほとんどです!!

ほとんどがGoogleで調べたらわかることです。

それを他人に聞くということは

自分で調べる努力をせずに

相手の時間と労力を奪うテイカー行為になるということです。

聞かれた側は

正確に答えるためにググりますよね。

みなさんも、友達に『アレってあの店に売ってるんやっけ?』って聞かれたら

ググってあげますよね。

結局、聞かれた側もググってるんです!

聞かれた側に知識があっても

間違った答えを伝えないように

念のためググったり調べて回答しています。
(知識がある人ほど必ず調べてから回答する)

質問する人は、そのことに気が付いていない人が多い。

相手の労力や時間を奪っていることに気がついていない。

潜在的に『人に聞いたら教えてもらえることが当たり前

だと思っています。

自分の親や学校の先生なら

やさしく教えてくれると思いますが、

社会は学校ではありません。

周りの人は自分の親ではありません。

社会は全員が見ず知らずの他人です。

0質問をするってことは

他人を頼っているんではないです。

自分がめんどくさいから

単純に相手の労力や時間を奪っているんです。

聞いてもわからないこと聞くこと

聞いてもわからないこと聞くことも0質問です。

具体的にどういう質問かというと・・・

聞かれた側が『知らんがな』って回答になる質問が全てそうです。

たとえば

『これってうまく行くと思う?』
という結果の想定を聞いてくる質問です。

未来のことなんてだれもわからないし

やってみないとわかりません。

全く無意味な質問です。

で、またそんな感じで言うと・・・

質問者
質問者

意見を聞きたいだけやん!!

ってなると思うんです笑

依存すな!!ですよね笑

僕がこの質問をされて毎回毎回思っている事は・・・

パパスタ
パパスタ

足踏みしてんとやったらええやん

です。

やってみないとわかりません。

足踏みしているあいだに時間が無くなります。

あきらかに騙されてるやん!!って時は止めます!

ただ騙されやすい人も実は0質問をする人なんです(後述)

0質問をすると自分にとっても不利益

実は0質問をすることは

相手にとってテイカー行為をしているだけではなく

自分にとってもめちゃくちゃ不利益です。

というか、よくないです。

0質問をすると行動も遅くなる

0質問をするということは行動も遅くなっています。

『聞いたほうが早い』って思っている人ほど実は行動が遅いです。

自分で調べて考えません。考えていないから思考が止まっています。

相手からの回答待ちばかりになります。

いちいち聞かないといけないんで、行動に取り掛かるまでが遅くなってしまうんですよ。

要は調べずに聞けば聞くほど依存的になってしまっている。

他人より遅くしかできないんですよね。

問題点があっても自力で改善できない

問題点があっても自力で改善できない。

自分で調べて物事に対して考えることができないので
自力で改善していくことができません。

要するに自力でPDCAを回すことができないということです。
(PDCAを自分で調べましょう)

そうなると自分でビジネスやって稼いだりするのは致命的です。

もちろんサラリーマンとしても同じで同僚や上司からの信頼を得ることは到底無理です。

詐欺に狙われやすい

詐欺師は0質問をする人を狙っています。

イケハヤさん(インフルエンサー)からの学びですが

詐欺師は、0質問をするような人を狙います。

なぜならば0質問をしてくる人は

  • 依存的になりやすい
  • 自分で調べない

詐欺師からしたら格好の獲物ですね笑

詐欺師たちは
「なんでも教えますよ」
という親切な顔で近づき
最終的に高額な商品を売りつけます。

0質問者は依存的になっていますので

騙されたこともわからず、感謝すらしてしまいます。

質問する人
質問する人

いやーーさすがにそれはわかるでしょ!(笑)

って思っている人に聞きたいんですが

あなたがよく質問する人に教えてもらったこと

そのまま『へーーーそうなんやーー』って受け止めていませんか?

0質問をやめよう!

さて

さっそくアクションプラン!

行動しましょう!行動しかありません。

僕が意識していることをシェアします。

どうしたらいいのか??

自分で調べる癖をつけよう

は?ですよね。

でも本当に自分で調べるクセをつける、コレだけなんです。

できていない人が本当に多いんです。
(最近読んでいる本にも『自分で調べる』ということができない人が多いってバリ書いてある)

自分で調べる癖と言うのは

もちろん相手の時間を奪わないことにもなるんですが

一番は
自分で時間をかけて調べたほうが忘れないし、思考することができるんです。

それが大切。

自分で調べて自分で考えて自分で決める。

ビジネスにおいても
自分のスキルアップの点でも

秒速でテクノロジーが発展する新時代において
自分で調べるクセってのは必要なスキルです。

仮に判断が失敗したとしても『調べが足りなかった』だけなので
次に繋がります。

とにかく自分で調べる癖をつけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

さてなんで今回はこのような記事にしたかというと・・・

グチです!!

今週の月曜日、僕の抱える仕事が鬼の様に忙しかったんですが

そういう時に限って会社の同僚(先輩も含む)や、契約者から

めちゃくちゃ質問受けて

『〇〇ってどういうことですか?』

『〇〇にしていますか?』

『どうやったら〇〇になりますか?』

とか質問されまくって

キィーーーーーーー!!!!

ってなりました。

  • 『説明文、読めよ!』
  • 『パンフレット、読めよ!』
  • 『ハンドブック読めよ!』
  • 『会議のレジメ読み直せよ!』
  • 『ググれよ!!!!』

なんですよ。ほとんどのことが。

(もちろんちゃんと笑顔で説明しましたが)

仕事で質問を受けた際には

同僚でも契約者でも必ず手元に資料を用意してもらって

ページ数を伝えます。(めんどい時は即回答する)

『まずは自分で調べる』『自分で読む』っていう人が少なすぎます(グチ)

すべて他人任せで

僕は自分の仕事がほとんど手につかず残業。

質問してきた奴は定時で帰ってる!(なんでやねん!)

ちなみに自分の周りに0質問する人がいる場合は
相手の時間を奪うテイカーなので離れましょう。逃げましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

@papasta7 フォローお願いします!

👇ポチッと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

パパスタ
パパスタ

ポッドキャストはじめました!ご試聴よろしくおねがいします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる