MENU
貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください

【かしこくなるために】0秒思考とは?【かんたんトレーニング】

こんにちわ

毎朝5時から朝活をして
『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いている
パパスタ@papasta7と言います。

今回は天才赤羽氏の名著『0秒思考』本要約です。

この本をオススメするひとは

お悩みさん

・なんだかわからないけどモヤモヤする
・職場に嫌いな上司がいる
・現状に満足していない

といったお悩みを抱えている方です。

本記事を最後まで読んでいただくことで

効果的なお悩み解決ができると思います。

最後までぜひ読んでみてください

目次

0秒思考要約

では、さっそく『0秒思考』の本要約をします。

0秒思考 要約
  • 日本では思考する練習を学ばない
  • 悩みの解決はメモをすること
  • 考える力を身につけよう

本書は悩みを解決するための本です。

ぞくに言うメモ術の本ではありません。

考えを深め(思考力をつけ)、心を整理する(悩みをなくす)方法を示した本『0秒思考』なのです。

要約すると思考を整理して、言語化することで悩みはすべて解決できます。

時間をかけて思考すれば考えが深まるというと、そうではありません。

1日、1週間、1ヶ月と同じ悩みを思考するってのは、単に決断を先延ばしにしているということです。

できる人は即断即決

0秒思考のやりかたを知りたい方はこちら

あわせて読みたい
【頭がよくなる】0秒思考のやりかた【トレーニング法】 名著『0秒思考やりかた』をまとめました。 こんにちわ 毎朝5時から朝活をして『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いているパパスタ@papasta7と言います...

日本では思考する練習を学ばない

人間はだれでもすばらしい判断力、思考力、行動力を持っています。

優柔不断で行動ができない人がなぜ多いのかというと

ほとんどの人が今までそのことについて考えてこなかったからです。 

たとえば一流のプロ野球選手やサッカー選手がインタビューで即答できているのは

そのことについていつも深く考えて思考しているからです。

成功者は常に深く考えて『即断即決』ができているってことです。

しかし、日本の義務教育では深く思考することを習いません。

基本的に先生は問題を出した後、『この問題の答えがわかる人?』といって生徒を指名しますよね。

物事の答えだけを聞いて正解!ではなく、深く考えることクセをつけることがたいせつなんです。

結果、大人になってからいろんな問題にぶち当たって

一生懸命考えているつもりでも、実はその場で立ち止まっている人って多いんですよね。

たとえば

気になることがあってよく考えるんだけれども、堂々巡りになってなかなか考えがまとまらない。

結局、思考を深ぼりできずにずっとモヤモヤをかかえてしまう。

こういう時ってありますよね。

なぜこうなるかというと

ほとんどの人が『どうすれば深く考えることができるのか』をわかっていないからです。

0秒思考のトレーニングは深く考えるためのトレーニングです。

0秒思考をやれば、ほとんどの悩み解決につながると言っても過言ではありません。

以下で深ぼって解説します。

悩みの解決はメモをすること

悩み事や、今抱えている問題、疑問に思っていること、これらを頭の中だけで考えていても

堂々巡りになって、なんの解決にもなりません。

そこで『0秒思考』という方法です。

頭に浮かんだことをすべて紙に書いてみます。

心の中や頭の中にとどめておくのではなく

すべて吐き出す。すべて書き殴る。

たとえば欲望でも憎悪でも嫌いなやつは実名でOK

頭に浮かんだことを1分以内に紙に書きましょう。

1分間で書くってのもポイントです。

時間がぜんぜん足りないので余計な気遣いとか

言葉の精査とか、気にしている余裕がありません。

とにかく思いつくまま書く。

不思議な話ですが

めっちゃ嫌いな人の嫌いなポイント

とか

めっちゃだるい仕事での出来事をなんでだるかったのか?

というテーマで吐き出すと、意外とスッキリするんです💡

不満に思っていることや、腹の立つことを書いて

俯瞰的に見ると

『意外にこの程度のことか・・・』って気づくし

めちゃくちゃ悩んでいることなら、ひたすら書きまくると突破口が見えたりします。

ぼくのオススメは自分の理想を書くこと。

どうなりたい?とか、どれぐらい楽したい?とかでOK

そうなるために思いつくまま書くと、現実とのギャップを俯瞰的に見ることができます。

で、今自分が何をしないといけないのか?を整理することができます。

一度、だまされたと思ってやってみてください。

あわせて読みたい
【頭がよくなる】0秒思考のやりかた【トレーニング法】 名著『0秒思考やりかた』をまとめました。 こんにちわ 毎朝5時から朝活をして『読むだけで少し人生の生産性を上げるブログ』を書いているパパスタ@papasta7と言います...

考える力を身につけよう

メモ書きというのはアナログな方法に見えて実は頭の柔軟体操になっています。

アイディアや思いついたことを即座にメモに書くことで、頭は整理されどんどん動くようになります。

頭がよく動くとひらめきや気づきも得やすくなりますし、情報の吸収も早くなり

いわゆる『賢い人』になれます。

ビジネスでもガンガン活かすことができますよね。

0秒思考トレーニングをしている人と朝ギリギリまで寝てる人が

同会議に出席した場合、活躍する方は火を見るよりも明らかです。

そしてそして

頭が動くようになると『即断即決』につながります。

『即断即決』ができる男はモテます。確実にモテます。

なぜなら40年間生きてきて

『わたし、優柔不断な男性、大好きー!』って言っている女性を見たことがないです笑

日本人男性は優柔不断な方が多い。だから同調圧力が強いとか言われるんですよね。

その中で自分が即断即決になれば、他と差別化ができるからです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると

  • 悩みは書き殴ることで解決する
  • メモを書き続けることで思考が整理される
  • 思考が整理されるとかしこくなりモテる

です。

とかく思考の整理と思考の速度を鍛えるってことです。

0秒思考をやるにあたりデメリットはありません。

紙とボールペンを買う投資ぐらいです。

0秒思考をやれば、かしこくなってビジネスで活躍できて、モテる。

やらない選択肢ありますか?

ぼくが今から何をするか?もシェアします。

本書の教えの通り考えてみました。

アクションプラン
  • 0秒思考をはじめる
  • 毎日10ページやりきる
  • ブログで3ヶ月後の経験記事をアップする

もっとくわしく学びたい方は本書の一読をおすすめ


本書は超実践向きの有益書です。

特にぼくと同じような30代、40代の働き盛り男性はぜったいに読んだ方がいいと思いました。

一緒に即行動でやっていきましょ!モテましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけると励みなります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる