【京都サンガF.C.】2021年第12節FC琉球戦【観戦雑記】

スポンサーリンク
京都サンガF.C.

はじめまして
京都サンガを応援して11年目のパパスタです。

ゴリゴリの元野球部なのに
プロ野球よりも圧倒的にサッカー観戦の方が好き
地元京都にあるプロサッカークラブ京都サンガF.C.を応援している
39歳のサラリーマンです。

本記事は2021年5月5日(水)タピック県総ひやごんスタジアムで行われる
京都サンガF.C.vsFC琉球の観戦雑記です。

僕は京都サポーターではありません。
毎試合必ず見ますし、アウェイゲームもガンガン行きます


立って応援したり、歌ったりしないのでサポーターではありません。
普通に観戦料を支払ってサッカー観戦しているただの一般客です。

なので本記事はサッカーの知識0のど素人アホ感想と意見になっています。
ガチでサッカーのことわかっていない素人のショウモナイ戯言です

なので
「俺は紫の戦士を愛しているんや!選手はがんばっているのに!悪いこというな!キリッ」
って方には本記事は合わないと思われます😅

予めご了承ください。

スポンサーリンク

試合前雑記

自粛GWを気持ちよく締めくくろう!

緊急事態宣言により
サンガスタジアムでのゲームは無観客となったのに
金閣寺をはじめ、各観光地はちゃんと警備員さんまでつけて駐車場をあけて
観光客ウエルカムだった自称緊急事態GW
みなさん、いかがでしたでしょうか?

我が家も例に及ばずステイホームなGWでしたが
せめて最後のサンガの試合できもちよくGWを締めくくりたいです。

5月1日、愛媛にガッチリ勝てて
しっかり新潟先輩、琉球先輩に挑めるチャンスがきましたね。

連戦、移動、アウェイというデメリットはあり
むずかしすぎる1戦となりますが
なんとか勝利して昇格に望みをつなぎたいです。

負けたら終わり

さて今節琉球戦、23日新潟戦は
昇格できるか否かがかかっているゲームだと思っています。

いや、まだはじまったばかりやろ笑

っていう意見もあると思いますが
『楽しい京都サンガ』であればその通りですが
『昇格を目指している』のであれば
甘々の情弱と言わざるを得ません。

一度、京都パープルサンガ株式会社に頼んで
10年分のサンガJ2での戦いVTRを
ぜんぶ見るべきです。

『まだ始まったばかりやろ』って言い続けて11年。
昇格していません。

特に今年はレギュレーションが厳しい。

  1. 新潟との勝点差
  2. 琉球との勝点差
  3. 19位以下が降格
  4. 6連勝した勢い

このタイミングでの2位琉球戦は
叩いたら有利、負けたら超不利になる
ということがわかります。

シーズン中盤から後半は
降格争いも激化して
ドロー狙いのチームが続出するので
勝点3を取るのが
今よりもめちゃくちゃむずかしくなることは
想像に容易い 。

またJ1も今年はキビシイので
夏以降、J2からの引き抜きが始まります。
京都だって今のレギュラーがぶっこぬかれることは
覚悟しておかないといけません。(それがJ2)

11節終わったタイミングでわかったことは
新潟が独走、琉球も続いてると言う事実から
最初にどれだけ勝点を積み上げることができるか?

2021年のJ2は
勝点3の差が昨年までの勝点10ぐらいあります。

今年は団子じゃねーですよ。
逃げ切り先行が勝つシーズン。

以上の理由から
どう考えても
今節琉球戦は昇格をかけた一戦やし
勝てたとしても
次の山形に確実に勝って
ようやく王者新潟戦に挑戦
という

マジでイバラの道。
J2が戦国すぎてクソおもろいですね。

昇格枠チームへの挑戦権

さて6連勝で
琉球に挑むチャンスを得ました。

毎試合みていますが
ここまで簡単ではなかったです。

だからこそ
ここで負けたら
これまでの連勝の意味がなくなります。
(磐田と勝点4あけたことは意味あり)

ここで勝てば得失点差でも琉球に並ぶことになります。
(勝ってもまだ勝点差で単独2位にはなれない)

これが事実。
2021年11試合やってきて
直接対決で勝っても勝点で上回ることができません。

6連勝は忘れて
目の前の琉球をぶっ叩かないことには
昇格はありえません。

(ここまで5/5 6:00執筆)

スタメン

まあベストメンバーです。

ここぜったいに落とせないですからね。

とにかく
相手の阿部、清武要注意ですね。

試合感想

京都0-0琉球

うーん

めちゃくちゃしまった試合。

まじで両チームに勝点3の試合だったと思います。

が、昇格を目指すなら
勝点3失ったと捉えるべき。

もう直接対決はあと一回しかありません。

勝点差が変わらなかっただけはありません。

試合数1減ったわけで
チャンスが1へりました。

琉球戦感想
  • 飯田がちょっと軽いよね
  • 琉球が鬼鉄壁
  • 疲労が心配

全体的に見て
勝てなかったことを厳しく言えるレベルではないですかね。

両チームともめっちゃファイトしていたし
双方のサッカーがぶつかり合っていた感じです。
チャンスがあったわけではなく
ミスしたほうが失点するって試合でした。

飯田がちょっと軽いよね

無理矢理ですよ。
無理矢理に総評すると
飯田だけがパスやプレーに所々軽さが残っている感じですよね。

悪くはないんですが
引っかかるところが飯田に多い。

今までのサンガのノリのままであれば
右サイドは別の選手でもいいかもです。

チャレンジしてほしいところで
チャレンジしなかったりボールを追わなかったり。

他の松田、福岡、川﨑、武田がボールを最後まで追うので
飯田の軽さが目に見える感じです。

ただ無理矢理見つけたら
って感じなので

今の京都が琉球にドローっていうのは
自分たちの現状を把握する意味ではわかりやすかったです。

琉球が鬼鉄壁

相手琉球にビッグリスペクトです。

鉄壁ですね。さすがです。

マジで締めるところガチガチに絞めてて
あとは阿部ポストでサイドにふって
ワンチャンクロスで1点狙い。
あまりにわかりやすいけれど
J2を勝ち抜くにはここまで振り切ってるサッカーの方が強い。

阿部が効きまくりで
とりあえず阿部にポスト入れて
サイド振ってとにかくあげる的な。

めちゃくちゃシンプルですが
相手の集中が切れたら1点とって
そのまま堅守で勝つパターンですよね。

強い。
実際に戦ってわかるけれど琉球の2位は
まったく不思議ではありません。

決定機が一度も作れなかったことは
京都が、というより琉球の徹底した守備が良かったと思います。

疲労が心配

沖縄移動と
日曜日には山形戦、水戸戦。

ホーム2戦やって
王者新潟との試合。

今節見ていても
選手は90分全力走で
疲労が見えているのも事実。

キジェ監督の手腕は
ここからです。

まだ試合に出ていない選手にも僕は期待しています!

まとめ

昇格を目指すのであれば
勝点3を取らないといけない試合でした。
どうかんがえても。

實好大先生が磐田を足止めしてくれたので
今節のドローはまだまだ大丈夫です。

逆に次節山形は
123%必勝です。

かならず勝って
王者新潟に挑戦
って感じですね。

なんとか新潟、琉球に食らいつきたいです。

で、あわせて
4位磐田と勝点6開けることができれば
御の字。

気持ち切らさず
ここが踏ん張りどころと
次節山形、むずかしい相手ですが
なんとか勝点3が絶対条件。

マジで昇格をかけた5月
本当に大事。

山形、水戸、新潟
ここ3節、ぜったいに負けられませんね!

(昇格を目指すなら)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました