【誰でもできる】夏休みに人生を変える1冊【2時間で読める】

【楽天ひかりに移行します】楽天のサービスは海外旅行地と同じと思ったほうが良い【節約術】

こんにちは

楽天経済圏の住人になりたてホヤホヤの39歳サラリーマンです。

さて私事ですが年度末に引っ越しをします。

そのタイミングでインターネットを【楽天ひかり】に変更しようと思っています。

1,100ポイントまでもらえるぞ!
  • インターネット回線どうしようかな?
  • 楽天ひかりって実際どうなのかな
  • 楽天モバイルにしたからネットも楽天にしたほうが良いのか?

って感じでインターネット回線について悩んでおられるかた!

ぜひ本記事を参考にしてみてください。

目次

楽天のサービスは海外旅行と同じと思ったほうが良い

本記事の結論を先に言います。

楽天のサービスは海外旅行と同じと思ったほうが良いです。

それでも1年間無料の恩恵は大きい。

例として

実際に僕が楽天ひかりを申込みをした時に起きた経験をシェアします。

僕が楽天ひかりのWEBサイトから申し込んだのがちょうど一週間前の3月1日。

ホームページには『申し込み後2、3日以内に工事日程調整連絡します』みたいなことが

記載してありました。

が、鬼で無視されています(現在進行形)

1週間まったく楽天から音沙汰無し。

楽天から全く何の連絡も来ません。

というかちゃんと申込みできるのかさえ不明。

申込みから約一か月で開通します。って説明書きがありますがぜったい無視するやろ!ってレベル。

楽天の怠慢な対応に対して、僕が怒っているかと言われると否で

『これぞ楽天やな!』って感じです笑

楽天ひかりにかぎらず、楽天のサービスってどれをとってもこんな感じで超いい加減です。

なので、窓口担当者に親切丁寧ジャパニーズサービスをしてもらわないと不安だ!って人には楽天サービスはまったくオススメしません!笑

ストレスがたまるだけなのでやめたほうがいいです。

サービス料が少々高くても人件費を払って担当者に対応してもらった方が良いと思います。

僕は楽天のサービスについて
海外旅行先で起きるハプニングと同じノリだと思っているのでまったく動揺しません。

ホームページに『2、3日後に開通工事の連絡をいたします』って書いてあってもまったく鵜呑みにはしません。

電話がかかってきたらラッキーだと思いましょう。

とりあえず僕の場合はこの後楽天ひかり窓口TELへ鬼電します。(クレームする気はない)

僕みたいに申し込みしたけど連絡がこない場合は

楽天ひかり工事受付センター

電話番号:0120-987-899

営業時間:10:00-21:00(12月29日~1月3日を除く)

申し込みしたけど連絡がこない | よくあるご質問|楽天ひかり (rakuten.net)

へTELしましょう。(本記事を執筆後すぐに電話して工事日程決まりました笑)

楽天のサポートセンターなんてのは日本一いい加減なので待っていてはダメなんです。

自分がどんどん動いていかないとダメ笑

  1. Twitterで検索かけて情報収集
  2. Googleで情報収集
  3. サービスに電話(なかなかつながらないからずっとコールにしておく)

自分で突破口を見つけ出すしかありません。

東南アジアに旅行した際に問題が起きた時と同じノリで調べたらクリアできますよ

なぜここまでして楽天サービスを利用するのか?

なぜここまでして楽天サービスを利用するのか?

NURO光とか良いプロバイダがあるのに楽天ひかりにこだわるのか?

疑問が出てくると思います。

僕がなぜ日本一いい加減なサービスを提供している楽天を利用するかと言うと

他社と比べて圧倒的にコスパが良いからです。

楽天ひかりに関して、僕が選んだ理由は3つあります。

  • 楽天ひかり1年間無料
  • 楽天カード支払い可能
  • SPUアップ

です。





楽天ひかり1年間無料

楽天ひかりは現在楽天モバイルと同時利用で
1年間使用料が無料になるキャンペーンをやっています。

はい、楽天ひかりの勝ちです。

僕は現在インターネットにだいたい5,000円/月支払っています。

月5,000円が一年間無料になるので

5,000円×12カ月=60,000円の節約になります。

勝ちです。

給料以外に年間60,000円稼ごうと思うとなかなか大変ですよね。

パパスタ
パパスタ

楽天ひかりに乗り換えるだけで60,000円確定するんでしょ?
すぐやらんと!

って感じです。

ちなみに戸建てだと、開通工事で20,000円かかりますが今のキャンペーン中だと取り返せるのでアリですね。

楽天カード支払い可能

楽天経済圏の利点と言ったらもちろんSPUプログラムだと思いますが

SPUなくても、楽天カード支払いをすると1%ポイント還元となります。
日常のサービスを楽天サービスに変えるだけで楽天ポイントがどんどんたまります。

情弱
情弱

いやいや所詮ポイントやろ?楽天市場でちょっと安くなるだけやろ?

と、楽天ポイントをバカにしてはいけません。

楽天ポイントは第三の通貨だと思っています。

僕は日常的なコンビニ利用の時は楽天ペイでポイント支払いしており、キャッシュ(お金)は使っていません。(最近まったくお金を使っていません)
そうすると以前よりも手元に残る現金が毎月多いんですよ!!
楽天経済圏をはじめて実感しています。

日用品や消耗品、日常的なサービス費用をキャッシュではなくポイントで支払えるのって本当にデカイ。本当にみんなやってほしいです。

ポイントで払った分、本来無くなるはずだったキャッシュが手元に残る
(上記の一年無料と言うのも同じ考え方)

で、残ったキャッシュは生きたお金の使い方をする。

たとえば投資。
僕は残ったキャッシュをつみたてNISAにまわしています。
お金を貯金して凍らすのではなく、お金に働いてもらってさらにお金を増やすということです。

できる限り固定費や消耗品にキャッシュを使うのではなく
キャッシュを手元に残しておくってのは大切ですね。

実際に楽天経済圏に入って半年もたっていませんが
ポイントで日々の消耗品を購入していると手元に現金が残るということを実感します。

SPUアップ

楽天ひかりを契約するとSPU1倍になるので楽天市場での買い物のポイント倍率が有利になります。

SPUキャンペーンのアップは大きいですよね。

SPUについて詳しく知りたい人はこちらをどうぞ!

SPU(スーパーポイントアッププログラム) | 楽天カードご利用で+2倍 (rakuten-card.co.jp)

楽天市場で買い物をするときにめちゃくちゃポイントが貯まるってヤツです。

たとえばAirPods Proを買うとき・・・

13倍ポイント還元がついているので4,281楽天ポイントが入ってきます。

実質24,000円で買えるってことですね。

Amazonなら28,554円なので単純にAmazonより安くなるということですね。

楽天ひかりのデメリット

僕が思う楽天ひかりのデメリットをシェアします。

楽天ひかりについて事前にいろいろとネット調査したところ

大きなデメリットがあると思いました。

  • 3年間の契約縛りがある
  • 楽天という企業ののいい加減さ

この二つです。

3年間の契約縛りがある

楽天ひかりは時代にそぐわず2年間縛り契約です。

3年間経過して解約できる期間に解約しないと違約金が発生します。(ダルイですね)

楽天モバイルと比べてみたらわかりやすいんです。

楽天モバイルは同じく1年間使用料無料(4月7日までの申し込みまで)です。

もちろん、これだけで日本人全員が申込するべきメリットなんです

大きいのは縛り契約ではないということです。

楽天モバイルを申し込んでみたけど全然アカン・・・
こんな場合は即解約すればいいんです。

ユーザーの契約リスクを楽天が全部背負っているんですよね

ってことでまだ楽天モバイル申込していない人はおはやめにどうぞ。





いっぽう楽天ひかりは同じく1年間無料ですが
全然ダメだとしても途中解約できません。

解約できないことは無いんですが違約金が発生します。

やはり契約に縛りがあると契約時に二の足を三回は踏みますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

とりあえず

僕は楽天のサービス向上には何も期待していませんので

経済面の利点だけをかんがえて楽天ひかりに移行していく予定です。

やはり1年間無料は大きい。

途中でやめたとしても1年間続ければ恩恵はしっかりあると思っています。

ダメなら1年ですぐ移行します。





楽天ひかりの使い勝手がわかればブログでシェアしますね。

楽天サービスの良いところは、単純に他の会社より安いということです。

顧客サポートは0点ですが

ユーザー目線でお得なキャンペーンをガンガン打ってきます。

なので今のところはライフラインのほとんどを楽天サービスに移行する予定です。

固定費削減していけるのであれば

サービスセンターの対応が悪くても良い(自分で調べるし)

『自分で調べる』というスキルは今後の必要になってくるので

楽天で練習しましょう。

なんか変な〆になったな笑

最後まで読んでいただきありがとうございました!

👇ポチッと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

パパスタ
パパスタ

ポッドキャストはじめました!ご試聴よろしくおねがいします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる