MENU
VLOGはじめました!【週末ルーティン】発信中!

【初心者ブロガーでもできる!】Googleキーワード選定の6ステップ【検索上位の狙い方解説】

お悩みさん

・Google検索でなかなか上位表示されない
・キーワード選定っていったいなに?
・キーワードはどうやって選んで、どうやって使うの?

こんな感じでブログをはじめたら誰でもぶつかってしまう

キーワード選定についての悩みを解決する記事を用意しました。

記事で紹介する「キーワード選定方法」を実践すれば

だれでも「Google検索の上位表示」を狙うことができます。

なぜなら実際にぼくが初心者ブロガーだったころに

この方法でGoogleキーワードの上位表示を取ることができたからです。

この記事は2020年2月に書いた記事ですが

現在にいたるまで毎日収益を発生させてくれています。

それぐらいGoogle検索の上位表示は威力抜群なんですね。

本記事では、前半でキーワード選定の下準備を解説し

後半では具体的なキーワード選定6ステップについて解説します。

最後まで読んでいただくことで初心者ブロガーでも狙ったキーワードで

Google検索上位表示の狙い方を学ぶことができます。

最後までじっくり読んでください。

目次

キーワード選定の6ステップ

では、さっそく結論から入ります。

ブログで稼ぐためのキーワード選定の7ステップとは……

STEP
ブログの方向性を明確にする

記事の方向性を明確し、読者に何を伝えてどんな情報を届けるのかをはっきりとさせる。

方向性が決まればメインとなる1語を決めましょう。

STEP
不要なキーワードを削除する
  • 関係のないキーワードを削除
  • 検索ボリュームが100未満を削除
  • 内容が重複しているキーワードを削除
STEP
ロングテールキーワードを選ぶ

検索ボリューム数が100以上500未満のキーワードを選定する

STEP
さらにキーワードを選定する

集客用記事のキーワードと、収益用記事のキーワードをわける

STEP
キーワードを1つ選ぶ

1つのキーワードに対して1記事。

複数のキーワードで記事は書かない

STEP
強力なライバルがいないかチェックする

最終的に選んだキーワードに強力なライバルサイトがないか確認する。

大企業のサイトが競合であれば、勝てない

さっそくキーワード選定7ステップについて深ぼって解説!!

……したいところですが

キーワード選定には下準備がめちゃくちゃ重要です。

なのでまずは下準備をしっかり行いましょう。

キーワード選定の下準備

キーワード選定の下準備とは「検索ボリューム数」を把握しておくということです。

検索ボリューム数を把握しておくことは

キーワード選定においてとても重要です。

なぜならマーケティングにおける市場調査とまったく同じだからです。

検索ボリューム数とは?

検索ボリューム数とは

検索エンジン(GoogleやYahoo!など)で検索された数のことです。

ブログやWeb運営をするうえで

「検索のボリューム」はアクセス数を増やす指標になるものです。

たとえば検索ボリュームが多いキーワードで

Google検索の上位を取った場合、月間のPV数は50万とか100万になります。

逆に検索ボリュームが少ないキーワードで記事をいくら書いても

そこに市場がないからです。

単純に検索ボリュームが多いのを狙えばいい?

そしたら検索ボリュームが多いキーワードで記事を書けばいいんやね

って思うかも知れませんが、そういうわけでもありません。

なぜなら

  • 検索ボリュームが多い = 競合のライバルが多い
  • 検索ボリュームが少ない = ライバルが少ない

からです。

検索ボリュームが多いキーワードで記事を書いてもライバルが多かったり

競合サイトが大手企業などの場合、検索上位が取れません。

検索ボリュームが少なすぎるキーワードで検索上位をとっても

だれも読みに来てくれないので意味がありません。

個人ブロガーがブログで稼ぐためには

検索ボリュームを調査してうまく立ち回る必要があります。

検索ボリューム数を調べる3つのステップ

検索ボリューム数を調べる3つのステップは

STEP
メインとなる1語を決める

メインとなる1語を決めましょう。

たとえば自分がどんな記事を書きたいかを想像して

思いつくままにいろんなワードを羅列します。

その中からメインとなる1語を決めましょう。

STEP
複合ワードを洗い出す

メインとなる1語が決まれば複合ワード(2語、3語で構成されるキーワード)を洗い出しましょう。

やりかたはラッコキーワードを利用します。

たとえばブログを検索した場合

これだけ複合ワードが出てきました。

STEP
検索ボリュームを洗い出す

Google広告のキーワードプランナーを利用します。

キーワードプランナーをクリックする

ラッコワードでコピーした複合ワードをペーストする

Google広告はキーワードプランナーをより実践的に使うために少額でも良いので広告を出しましょう。

検索ボリュームデータが取れれば

いよいよ次は具体的なキーワード選定です。

キーワード選定の方法は、次ページにて解説していきます。

1 2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる