MENU
VLOGはじめました!【週末ルーティン】発信中!

【初心者ブロガー必見】読みやすいブログ、書き方のコツは?【記事構成とテンプレートを解説】

お悩みさん

・ブログのライティングがわからない
・どうやったら読んでもらえる記事がかけるのかわからない
・SEOに評価してもらえる良質なコンテンツってなに?

こんな悩みを解決する記事を用意しました。

記事で紹介する「記事構成の作成方法」「良質な記事を書くテンプレート」を実践すれば

だれでもかんたんに「良質な記事」を書くことができます。

なぜなら実際にぼくが初心者ブロガーだったころに

この方法で記事ライティングの悩みを解決し

PV数を爆増させることができたからです。

結果的に開始1年で月10,000円の副業収益を得ることができました。

本記事では、前半で「記事構成の作成方法」を解説し

後半では具体的な文章を書くためのテンプレートを紹介します。

最後まで読んでいただくことで

だれでも読者に満足してもらい、SEO対策にもなる良質な記事を書くことができます。

最後までじっくり読んでください。

目次

良質な記事の書き方

ではさっそく結論です。

読みやすくて良質な記事の書き方は、大きくわけて2つの要素にわけられます。

良質な記事を書くための2つの要素
  • 記事構成を作る
  • 良質な記事にはテンプレートがある

ようするに

書き始める前の作業と実際に書く作業ですね。

まずは記事を書き始めるまでの前段で記事構成を作ります。

最終的に読みやすい、まとまりのある文章を作るためです。

実際に記事を書き始める時には「良い文章のテンプレート」という型をつかいます。

この型というのは、先人のプロブロガーたちが膨大な時間と労力をかけ

試行錯誤をくりかえして辿り着いたものです。

「自分のやりかた」や「オリジナリティー」を追求する方法もあるかも知れませんが

まずは先人たちが築いてくれた型があるので使っていきましょう。

さっそく2つの要素を具体的に深ぼって解説します。

記事構成をつくる

なぜ記事構成をつくることが必要か?

実際にワードプレスで記事を書く前に

まずは記事構成を作りましょう。

わざわざ記事構成なんて作らなくても
いきなり書いていったほうが早いんじゃないか

って思うかもですが、急がば回れ。

実は記事構成を作った方が

俯瞰的に記事の全体像を確認することができるので

結果的にまとまった良質な記事を書くことができます。

逆に記事構成を作成せずに思ったまま書き出してしまうと

まとまりのない記事や

何が言いたいかわからない記事になり

読みにくく、Googleの評価が下がってしまう可能性があります。

最悪、書き直すはめになることもあります。

記事構成を作って書いた方が結果的に時短になる

記事構成の作り方

記事構成の作り方は3つステップで作ります。

STEP
ニーズ分析

あなたが狙う検索キーワードを使って調べるユーザー(読者)が

どんな悩みを抱えているのか?ということを分析する

STEP
記事構成の準備

ニーズに対しての解決方法を考え、

ユーザーが理解しやすい文章を考える

STEP
記事設計図を作る

実際に記事設計図を作る

それぞれのステップについて詳しく解説します。

ニーズ分析

あなたが狙う検索キーワードを使って調べるユーザー(読者)がどんな悩みを抱えているのか?

ということを分析しましょう。

なぜニーズ分析が大切かというと

ユーザーの悩みを解決する記事を書かないとGoogleから評価されないからです。

SEO対策を考えても重要なポイントです。

ニーズ分析の方法は3つ。

ペルソナ設定をする

仮のユーザーを設定していろいろ想像してみる。

年齢、性別、職業、住所など仮設定してどんな悩みがあるか想像する。

Yahoo!知恵袋を使う

実はYahoo!知恵袋って人の悩みの宝庫なんですよ!

狙うキーワードを入力してみて、実際に人がどんな悩みを抱えているかを調査しましょう。

競合サイトをリサーチする

狙うキーワードを検索してみて、他の競合サイトの内容をリサーチしましょう。

記事構成の準備

記事構成の準備はこの流れです

  1. ニーズに対して解決方法を考える
  2. ユーザーが理解しやすい順番を考える
  3. 記事設計図を作る

先ほど洗い出したニーズにたいして、どの様に解答をすればいいか?と考えます。

ユーザーが理解しやすい順番
  1. 一番上に定義を持ってくる
  2. 重要性や理由を書く
  3. 具体例を書く
  4. 注意点
  5. Q&Aなど
  6. まとめ
一番最初に定義する

かならず前段で定義を説明しましょう。

なぜかというと前提知識がなく、理解できていない人が

記事を読み進めていってもさらに理解ができなく、離脱してしまうからです。

まずは前段で定義をおさえておくことは非常に重要です。

見出しで伝えることは1つに絞る

見出しを作成するさいには結論と理由を先に決めておく。

そうすることで 見出しにまとめる方向性がきまります。

見出しは4行〜5行

1つの見出しで作成する文章量は4行〜5行です。

なぜならスマホで見る際に1つの面で表示されるのは4行〜5行。

おさまらない場合は見出しを分けましょう。

ここまでは記事構成についての解説でした。

次ページでは実際の「文章の書き方」について解説します。

1 2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる