Apple Watchが医療機関に本格参入!

スポンサーリンク
ガジェット系

こんにちわ

さて最近こんなニュースがありました。

Apple Watchに心電図アプリケーションと不規則な心拍の通知機能が登場
Apple Watchの心電図アプリケーションは、ユーザーが手首の上で心電図を記録できる初めての消費者向け製品となります。

ユーザーが手首の上で心電図を記録することを可能にし、自分の心臓の健康について知りたいと思った時に心拍リズムを記録、重要な情報を医師に共有できるようになります。

https://www.apple.com/jp

いよいよApple Watchで心臓の状態を知ることができるようになりました。

要するにAppleが日本の医療分野に本格的に参入するということです。心電図機能の提供をはじめるということは、医師が遠隔の患者の健康状態を手軽に確認できます。

ブログでなんどもApple Watchは時計ではなく、医療機器であると意見していましたが

現実化しましたね。

さて本記事ではAppleが考えている未来についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

Apple Watchが医療機関に本格参入!

Apple Watchは時計ではなく医療機器であると口酸っぱくブログで発信していました。

現在僕はApple Watchは充電中、入浴中以外は常に装着しています。

なぜならばヘルスケアデータを測定しているからです。

ヘルスケアデータはクラウドでiPhoneと常に同期されています。

データはすべてクラウド化。

今後、病院に行った際にはiPhoneをかざせば自分のデータが医師と共有されます。

問診票を書くというクソ無駄な時間が無くなるんですよね。

病院での待合時間が短縮され、病院業務も短縮。1発でデータ化が可能。

蓄積されたデータを管理すれば受診歴、病歴、投薬履歴を一瞬で把握できます。

Apple Watchユーザーと一般ユーザーで受診料が変わってもおかしくありません。

患者は生命保険、医療保険会社への給付申請も診断書不要(文書料が不要)

業務も簡略化されるので保険金支払いまで時間も短縮。

保険会社は加入者の健康状態確認もヘルスケアデータで確認できるので
健康体の条件チェックという業務が無しになります。

これにより人件費が浮きますので
ちゃんと健康的な生活をしている人は保険料を安くする
ってことも容易にできるようになります。

僕的にもっと良い傾向があると思うのは

みんながApple Watchを使用すると

健康に気を使う人が続出するということです。

自分の健康状態が目に見えるので
『ちょっと消費カロリーが少ないから1駅分歩こう』って意識するですよ。

なので

みんな健康を意識するようになるのかなと思っています。

Appleは金融業界にも参入

冒頭で医療分野に参入するとお伝えしましたが

2019年にアメリカではApple Cardを発表し、金融業界にも参入しています。

クレカ機能は当然ですがAppleならではの強みを生かしています。

Apple Pay、iPhoneのアプリ、ウォレットとも自動で統合されます。

特にウォレットは食事代、交通費など利用用途に分けられます。

自動データ化されて収支を分けることができれば・・・
あれ?これって確定申告めちゃくちゃ楽になりません?

なぜ金融業界に参入した?

Appleの利益の半分以上がiPhoneです。

しかし中国企業がiPhoneの半額程度の価格で高性能スマホを販売。

中国人ユーザーを筆頭にiPhoneから別スマホへ乗り換える動きがあります。

繋ぎ止めるために役立つのがApple Cardです。

他のApple製品と連携させること、洗礼されたデザインにすることで
所有者の生活が豊かになることを実感させるビジョンがあります。

金融業界を破壊

未来では物理的なクレジットカードはなくなり、電子決済が当たり前になります。

現在クレジットカードの利益はカード決済手数料です。

カード会社が手数料で得る利益は
だいたい10,000円の利用で400円〜600円。年間約2兆円です。

しかしAppleはAppleCardの利益は0でいいと考えています。

AppleはiPhoneで利益を出せればいいので
カード事業はあくまでユーザーに快適な体験を与えることができて
iPhoneとの紐付けができれば成功なんです。

となると、クレカの手数料なんか必要がなくなります。

さらにiPhoneユーザーであれば買い物の割引がききます。

どちらの方がユーザーや店舗にとって利用しやすいですか?

ユーザーにも店側にもメリットがあるApple Card
手数料を取られる上に店舗に設備を設置しないといけない現状のクレカ

どちらの方がユーザーや店舗にとって利用しやすいですか?

僕はiPhoneユーザーなので秒でApple Cardを選択します。

AppleClips

アップルクリップスは今後かならずキーワードになるので抑えておいた方がいいです。

アップルクリップスというのはいわゆるミニアプリと呼ばれるもので

『アプリの体験版』です。

いろいろなアプリが出ている中で不要なアプリをダウンロードするのはダルいですよね。

そこでアプリをダウンロードする前にアップルクリップスで試せるというものです。

なぜAppleが体験版アプリに注力をしているかというとデータです。

情報は新時代の石油です。今後情報は争奪戦になるからです。

まとめ

みなさんはAppleHotel構想を知っていますか?

新型ウイルス感染症の影響で今後、ホテル業は淘汰されていきます。

Appleはおそらくどこかのブランドホテル権を買い取って

アップルホテルを運営。

Appleの技術を駆使して

部屋の前にあるタッチパネルにiPhoneをかざすと

空調や証明、サウンドがユーザーの好みにセットされます。全部自動で。

全てのデータをAppleが収集するかわりに

高級ホテルですが宿泊代は安め。
さらにApple Cardユーザー、iPhoneユーザーは格安で泊まることができます。

いかがでしょうか?

さて、次世代のイノベーションを

ただ『すごいよなー』って思っていませんか?

ユーザー側目線でしか見ずに待っているだけではありません。

こういうイノベーションが起きるということは
少なからず自分たちの生活、特にビジネスに関わらないか?ということを常に考えないといけません。

僕みたいにいずれ淘汰されるビジネス(自動車保険)をやっている場合

次に自分はどう動かないといけないのか?と思考することが大切です。

僕は変わりまくる未来を楽しみにしています。

参考書籍


超面白いです。オススメです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

パパスタ
パパスタ

ポッドキャストはじめました!ご試聴よろしくおねがいします!

タイトルとURLをコピーしました