【要約】お金持ちのマインドセット7選【高橋ダン】

スポンサーリンク
学び

「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。」

— ウィリアム・ジェームズ

  • 『行動したいけどできない・・・』
  • 『今の生活を変えたい』
  • 『変わらないといけないのにできない』

と、お悩みの方へ執筆します。

僕も半年前までは3日ボウズのひねくれ野郎でした。

しかし今は筋トレ&ブログを200日連続更新できるまでになりました。

まずは『心=マインド』を変えることからです。

本記事を読めばいかにマインドセットが大切かを理解できるようになります。

スポンサーリンク

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

マインドセットの参考にするのは『世界のお金持ち』が実践していることです。

読書
読書

いや、金持ちになりたいんじゃないねん!
行動したいねん!!

って思いますよね。わかります。

しかし

世界の成功者が実践しているマインドセットこそ

僕のような平凡サラリーマン達が参考にすべきなんです。

今回参考にした書籍は

高橋ダン著『世界のお金持ちが実践するお金の増やし方』

高橋ダンさんは12歳から投資をしている投資家系YouTuber from ウォール街です。

僕は書籍を読むまで高橋ダンさんのYouTubeは見たことがなく

書籍を買ってから高橋ダンさんを知りました。

本は読みやすく構成されていて『知識』と『行動』にフォーカスされているので

モチベーションアップにもなります。


初心者で投資の始め方⁉
高橋ダンさんのYouTubeチャンネル

ここで言う『お金持ち』とは

親からの財産を相続してお金持ちになった”オールドマネー”
ではなく
自分でビジネスを成功させたり資産運用をしてお金持ちになった人”ニューマネー”
の人たちを指します。

お金持ちのマインドセット7選

筆者は世界の約60か国をまわって様々なお金持ちと会っています。

本書ではニューマネーに共通した特徴が書かれています。

僕が独自で7つにわけて抜粋し要約してみました。

  1. 『生きがい』を持っているかどうか
  2. 支出が少ない
  3. 時間を大切にしている
  4. 健康に気を使っている
  5. お金を『単なる数字』と考える
  6. 『投資』をしている
  7. 新しいことは小さくはじめる

この7つのマインドをセットすれば

次は行動が変わると思います。

以下で深ぼりしてみます。

『生きがい』を持っているかどうか

お金持ちの一つ目の特徴は『強いパッション』を持っているということです。

要するに強い『生きがい』を持っているということです。

これ、なんだかわかる気がします。

以前、音楽業界で働いている時に様々なアーティストと一緒に仕事をしましたが

ツアーバンドであれ、地元バンドであれ、

後に売れたり、名盤を出すアーティストは

共通して圧倒的になパッションがありました。

パッションが強い人は朝起きてから寝るまで1日中自分の目標に向かって考えて行動しています。

だからこそ

パッションが強い人が商品やサービス、音源を作ったらめちゃくちゃ良いモノができるということです。

目標に向かってすべてをかけて努力している。
常に目標達成のことを考えているからです。

で、そういうパッションが強い人には人やお金が自然と集まります。

強いパッションは人とお金をひきつけます。

支出が少ない

ニューマネーの二つ目の特徴は『個人支出が少ない』ということです。

実は成金とか親財産とかじゃなくて

ゼロから金持ちになった人は

お金を使用することに興味を持っていません。

高級車に乗ったり高い時計を身につけたりしていないのです。

自分の持っているアイデアや目標があるのでお金を使うことよりも

投資にお金をまわすんですよね。

ホンモノの金持ちこそ『承認欲求』が無いんだ。と思いました。

自己顕示欲や承認欲求は人生でいらないモノNo.1、No.2 ですね。

『rich on paper』という言葉があります。
金持ちは『紙=株式や債券』は持っているが現金はあまり持っていないという意味です。

時間を大切にしている

ニューマネー3つ目の特徴は『時間を効率的に使っている』ということです。

本ブログでも時間の大切さをたくさん記事にしてきましたが

やはり本書でも『時間は最大の投資』と書かれています。

ニューマネーは常に時間を効率的に使うことを考えて行動しています。

健康に気を使っている

マコなり社長も言っていましたが
仕事で出会う成功している人ほとんど太っていない。
(たまに成金のデブはいるみたい)

ニューマネー4つ目の特徴は健康に気を使っているということです。

各国の都市で成功しているニューマネーのほとんどが食事管理、筋トレを実施しているということです。

なぜ、ニューマネーの人は健康管理に時間と費用を使うのでしょうか?

自分が病気になればどれほどのビジネスにダメージがあるかわかっているからです。

健康は一度悪化すると取り戻すのに時間がかかります。
メンタルにも相当負担がかかり医療費も払うことになります。

  • 身体を壊してから同じパフォーマンスを取り戻すためにかかる時間
    止まってしまうビジネスの損失
  • 医療費という本来不要だったお金の浪費
  • 上記によるメンタル低下

身体を壊すと失うものが多すぎるんですよね。

健康維持に時間と費用を使った方が圧倒的にコスパが良いのです。

健康でベストパフォーマンスを出せる時間が長くなった方がビジネスにとっても良いし

ムダに働く時間が減り、家族や友人と過ごす時間が増えることになります。

病気になれば自分の時間、人生を失うことになる

お金を『単なる数字』と考える

ニューマネー5つ目の特徴は『お金に固執していない』ということです。

個人資産10億ドルを超えるビリオネアはお金のこと重視していません。

お金を使うモノではなく『単なる数字』だと考えています。

他の人のためにお金を使って感謝されることはあれど
自分の贅沢にはほとんど使用していないということです。

お金を稼いでリッチな生活をしたと考えている人はお金持ちにはなれません。

お金を使うということを考えるのではなく、単なる数字で数字を増やすという意識でいた方が良さそうです。

お金は使うモノではなく将来の安心のための数字です

『投資』をしている

ニューマネー6つ目の特徴は『投資』をしているということです。

資産1億〜3億円の人の資産58%は投資資産です。

実は投資資産の内訳のほとんどが株式投資です。

繰り返しになりますが『お金持ち』というのは

『お金を持っている』のではなく

『投資資産を持っている』ということですね。rich on paperです。

統計的に考えれば『株式投資』をすることが金持ちへ近道ということです。

(本書では具体的なデータも示されていますのでぜひ参考にしてください。)

新しいことは小さくはじめる

さいごに

ニューマネー7つ目の特徴をシェアします。

新しいことは小さくはじめる

『お金持ちはパッションが強いので新しいことをはじめる時は100%の力で全力で取り組む』

と思いがちですが実は真逆です

ニューマネーが新しいことをはじめる時は

『10%〜20%ぐらいの力でスタートして軌道修正を加えて徐々に力をいれる』というやり方です。

文字列を見ると、慎重にスタートしているんやなあと思うかも知れませんが

違います。

『まずやってみる』ということです。

投資でも新しいことでも

時間をかけて調べて勉強して準備万端の状況でスタートするのではなく

まずやってみて修正を加えてみる。

自分に合ってなけれすぐに手を引く。

どんなけ調べてノウハウを蓄積しても行動には勝てません。

行動しなければ結果も失敗もありません。

行動しなければ調べる時間もムダです。

『座学』よりも少しづつ実践することが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

金持ちのメンタルセットは

  • 『生きがい』を持つ
  • 自分を信じる
  • とりあえずやってみる

共通して言えることは『失敗』を恐れないということです。

筆者も日本人は失敗の仕方を知らないと

日本では『失敗が悪』みたいな風習があります

世界的にみると全く逆で『小さい失敗を繰り返して大きな成功を得る』

チャレンジには必ず失敗があり

失敗を経験して次に生かすのです。

失敗を回避する方法を学んで継続することで成功は自ずとやってくる

ということです。

まずは失敗することを認めるマインドセットをしましょう。

本記事は『世界のお金持ちが実践するお金の増やし方』のチャプター1の一部の内容です。

本書ではもっと深く世界の金持ちについて学ぶことができます。


本書で紹介されているのはゼロから金持ちになったニューマネーの人ばかりです。

要するに最初は僕たちとなんら変わらない平凡人が実践して生活が変わったという内容です。

それなら学ぶしかないですよね!

成功者のマインドセットを少しでも生かすことができれば

当初の行動できないという悩みはなくなると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました