【保育園】お父さん保育士は絶対やるべき【参観】

スポンサーリンク
生活

この記事はお子さんが保育園(幼稚園、こども園)に行かれているお父さんや、今後行かれる予定のお父さんに向けてシェアします。

こんにちわ。父親5年生の二児父パパスタです。

まず、登園している子ども園や保育園に

「お父さん保育士」

父親が一日保育体験ができるプログラムがあるかどうかすぐに聞いてみてください。

もし、あるのであれば是非参加してください!
そういったお話です。

スポンサーリンク

お父さん保育士は絶対やるべき

理由。

◆普段見れない子どもの園生活が見れる

◆自分自身の経験になる

◆有給を取る必要がある

◆今しかできない!

◆保育士という職業をリスペクトするようになる

➡️もし、登園している保育園に『お父さん保育士』取り組みがなければ
明日にでも園長に電話して取り組みスタートしてもらったらいいレベル

僕の経験

僕は、長男が年中組の時に『お父さん保育士』に参加しました。

動機は2つです。

1、子どもが普段保育園でどんな感じに過ごしているのか?
単純に子どもが普段どんな感じで友達と過ごしているか知りたくないですか?
生活発表会とか運動会とかイベントがあれば見に行くことはできるんですが
それはあくまで『イベントの日』なんですよね。
普段ではないんですよ。
普段保育園生活をどんな感じに子どもが過ごしているのかってのを見てみたい。
すごく気になっていました。

2、単純に自分の経験になるかなあと
保育士の職業体験ができるわけじゃないですか。
もちろんお父さん保育士は授業参観みたいなものなのでガチンコで働くわけではないけど笑
保育士さんの仕事を間近で見れるじゃないですか。
他の職業体験みたいなことを大人になってからはできないじゃないですよね。
なかなかさせてもらえないんですよ。

で、大人になったら『経験』ってお金がかかるんですよね。
これは一応給食代だけ自腹になりますけど、保育園の取り組みなので
無料でした。

1日保育士体験どんな感じ?

僕がお父さん保育士をしたスケジュールです。

朝登園

長男と一緒に登園します。
で、用意をしていつもならバイバイして出勤するのですが、そのまま部屋に残るので
同じ組の子たちがざわざわしだします。

『なんで○○ちゃんのお父さん、帰らへんのー?』って聞いてきます。

保育スタート

朝の保育スタートの時間。
先生が『集まれー!!』っていう訳ではなくで、オルガンを弾いていたら歌いながら子どもたちが集まってきます。

そういう細かいことも知らなかったです。
普通に『集合ーー!!』みたいな感じかと思ってた。
子どもたちの自主性を育ててるんだなと思いました。
で、歌いながら集まってくる子たちがまた健気で
かわいい・・・。

で、朝のご挨拶をするんですがその際に 先生から自分を紹介してもらえます。

自己紹介をする

会社と違うから、相手は子どもだから
とか言ってそんな緊張しないと思っていません?

バカ緊張するから!!

今までに経験しないんですよ。

20人ぐらいの子たちの集団の前に立って
めっちゃ健気な目で真っ直ぐ見てくるんすよ。

大人相手のほうが簡単!

で、挨拶したら先生がこう言ってくれます。

『今日は○○ちゃんのお父さんが、みんなの先生をやってくれます!たくさん遊んでもらいたい人ーー!!』

子ども『はーーい!!』

で、先生は続けてウチの長男に言ってくれます。

『長男ちゃん、いつもはお父さんは長男ちゃんだけのお父さんやけど、今日はみんなの先生になってもらうし良いかな?

知ってか知らずか息子も照れながら『はい!』とか言うてるんすよ。

もうここで泣きそうになりますね。

基本的にスケジュールは知らされていない

お父さん保育士をする上で僕が一番心配だったのは

何も聞かされていない

ってことです。

大人になると会社ではスケジュールで動きますよね。

それが全くないんです。

何するかわからへんし、めっちゃ不安でした。

持ち物に『エプロン』って書いてあったから
おもしろいと思ってせっかく嫁大臣のキティーちゃんエプロンを持っていったのに
それもいつ着けるかわからずまま、結局最後まで着けませんでした。

で、はじまったのは『恐怖の質問タイム』・・・。

これ気をつけてください。

先生が『では、長男ちゃんのお父さんに聞きたいことある人ー!!!???』

これ悪魔ワード2020です。

子どもたちも健気やからみんな一斉に手をあげるんですよ!

で、だいたい80%ぐらいが前の子と同じ質問して来る!!

コレをいかに上手く返せるか?てめっちゃ重要じゃないですか?

関西人なので。

この時間が一番きつかったですね。

朝のおさんぽ

近くのお寺までさんぽに行きました。

ここで保育士のすごさに驚愕します。

20人ぐらいの子どもに

担任の先生2人、ベテラン先生1人、インターン生1人、僕

この5人です。

正直、大津の交通事故の件もあったしめっちゃ怖かったです。

他人の子どもをあずかるプレッシャーってすごいですね。

で、子ども同士で手を繋がすんですが
やはり長男は僕と繋ぎたいって言うんですよ。
でも『今日はお父さんは先生やからお友達と繋いでね』って断りました。

ただそのあと一人の女の子に気に入られてその子と手繋ぎしてたんで
長男はどう思っていたんやろね笑

で、お寺までは大人の足で歩いて10分ぐらいなんですが、40分ぐらいかけて行きます。
とにかく横断歩道1つ渡るのも大人5人がかりで慎重に慎重に渡るんです。

めっちゃ緊張します。

で、その都度横断歩道や、道を歩くときには先生が子たちに
注意したり、教えたりしていたのが印象的でした。
こうやって教えてくれてはるんやなあと。

あとはその道、その道で紅葉していたりすると止まって季節についてお話したりするのが素敵でした。

英語学習

園に帰ったら、英語の先生が来ていて一緒に英語の授業を受けました。

が、子どものテンションがヒートアップ。

外国人の先生がフル英語でダンスしたりゲームしたり。楽しかったです。

僕もゲームに参加しましたがとにかく子どもがすげー盛り上がってるので
勢いにおされてる感じでした。

お昼ご飯

カレーでした。一緒に食べました。

長男とはあえて違う席で食べたんですが、お友達がめちゃめちゃ話しかけてくれます笑

で、長男も友達と楽しそうにご飯を食べているのを見て安心しました。
こういう何気ない時って家では見えないじゃないですか。

作ろうって言うても難しい。

子どもは親の目線を気にしていると思うんですよね

あとは

お昼寝してみんな好きなように遊ぶって感じです。

僕は主任の男性の先生と今日の感想や意見交換など話をしました。

先生がレッチリ好きってことで僕もバンド大好きなんでそっちの話で大盛り上がりになるという

感想

『いやーホンマに参加してよかった。マジで。』

って独り言をずっと言ってましたね。笑

良い経験できました。

長男が普段どんな風にこども園生活をしているかを見れたのが良かったです。

僕がいることで最初は戸惑ったり、僕を独り占めしようとしていました。

そのうち慣れてきて普段の姿を見せてくれました。

なんかね、集団の輪の中で楽しそうにしている長男を見ていると泣きそうになったし、長男を大切にしてくれている友達のこともすごく愛おしく見える笑

ウチの子と仲良くしてくれたり楽しく遊んでくれていることがこんなに嬉しいとは思わなかったし、逆も然り。

で、気持ちは先生になっているもんやから、そのあとの運動会とか発表会はみんなの成長を見てしまいますよ!

子どもにとって自慢の父親でいつづけないとな。とまた思いました。

また保育士という仕事の断片だけでも経験できたのは自分にとってめっちゃ良かった。

はっきり言って保育士という仕事はもっと評価されるべき。

近くで見てはっきりと感じました。

子たちの大切な時期に『仕事をしている』親の代わりにあずかってくれている。

あずかってくれているだけやなくて、
いろんなことを体験、経験させてくれたり
小学校に入るための保育をしてくれてる。

たった1日やったけど、他人の子を預かるってほんまプレッシャーすごかったし
自分の子とは違って接し方もなかなか難しかった。

大津市の自動車事故事件とかもあったけど毎日毎日他人の子をあずかるってのはすごいプレッシャーなんやろなって感じました。

どう考えても保育士は完全な専門職。
もっとその認識が広まればいいなあと思いました。

次は次男のお父さん保育士に行ってきます。

帰り際に女の子から手紙をもらいました。
タイトルとURLをコピーしました