【誰でもできる】夏休みに人生を変える1冊【2時間で読める】

【J!NS SCREEN】ブルーライトカットメガネを半年使って分かった3つのメリットと1つのデメリット【眼鏡】

今年の6月、在宅勤務がちょうど増えてきたタイミングで

JINSのブルーライトカットメガネ『J!NS SCREEN』を購入し、半年間フルに使用してきました。

JINS x FREAKS STOREコラボのフレームです

僕は極度の近視でコンタクトレンズかメガネが無いと生きていけません。

コンタクトレンズは眼球に負担がかかるので家では出来る限りメガネで過ごしています。

読者
読者

ブルーライトカット眼鏡ってホンマに効果あるん?
普通の眼鏡と変わらへんのちゃうん?

昔僕が抱えていた悩みと同じです笑

実際にフル使用してみて気づいたことをシェアします。

最後まで読んでいただくとぜったいにブルーライトカット眼鏡を買うことになると思います笑

目が悪くない人も、矯正無しのブルーライトカット眼鏡を持つべきです。

パパスタブログ
404: ページが見つかりませんでした | パパスタブログ 読者の知識と生活の利便性を向上させる情報発信ブログ。 読むだけで少しずつ生産性があがります。
目次

ブルーライトカットメガネを半年使って分かった3つのメリット

あくまで僕の肌感覚です。

実際にJINSブルーライトカットメガネを使用してきて率直に感じた3つの大きなメリットをシェアします。

3つのメリット
  • 目が疲れない
  • 睡眠の質が上がった
  • ちょっとカッコイイ

以下で各理由について深堀りしてみます!

目が疲れない

一番の恩恵は「目が疲れない」ということです。

僕は自宅ではMac、会社ではPCを使用して丸一日中パソコンの画面を見ています。休憩中はiPhoneを見ます。

普段、僕の目はブルーカットに侵略されているということです。

一日Macで作業していたら現実世界に紫色のモヤがかかったように見えることも多々ありました。

iPhoneやMac、会社のPCでは画面設定を常に夜間設定状態にしています(黄色気味のいわゆるション○ン画面)

それでもブルーライトって突き抜けてくるんですよね。

実感レベルでJINS SCREENはブルーライトをカットしてくれています。

JINS SCREENを使用している時としていない時はぜんぜん目の疲労感が違います。

だんぜんJINS SCREENを使用している時の方が目が楽です!

JINS SCREENを使用して一番びっくりすることが
「疲労感がぜんぜん違う!」ということです。

睡眠の質が上がった

ライフハックの勉強をされている方には常識なんですが

寝る前にブルーライトをカットしておくことは

睡眠に入りやすいだけでなく

良い睡眠にとってめちゃくちゃ重要です。

ブルーライトってMacやPC、iPhoneだけでなくテレビや蛍光灯からも出ています。

本来、人間の身体は暗くなったら眠たくなるように
ホルモン的に設定されているのに

夜になっても蛍光灯で明るくして電子機器でギャンギャンブルーライトを浴びると

身体が「え?まだ昼間?」と勘違い状態になり

睡眠の準備をしません。

そのまま寝ても疲れが取れなかったり頭がスッキリしないということです。

すんなり睡眠に入れて、さらに睡眠自体の質を上げるために

睡眠前のブルーライトカットは必須中の必須なんですね。

僕は夜になるとできるだけiPhoneを見ないようにして

JINS SCREENを使用しています。

ちょっとカッコイイ

レンズが色味がかっていて、ちょっとカッコイイんです。

完全に個人的好みの問題です。

気になる人にとっては逆にデメリットになりますが・・・

JINS40%は明らかに通常のメガネと比べてレンズが黄色いしブルーに反射します。

上が普通のレンズ、下がJINS SCREENです。

見える角度や明るさによって「少し色の入ったサングラス」に見えます。

実際に子どもに『紫色のメガネしてるーー』って言われます笑

気になる人は気になると思うし、デメリットになるでしょう。

僕は全く気にならないし

なんなら度数が強いので色が少し入ることによって

歪みが見えにくくなるので

JINS SCREENの色味や反射による紫色は恩恵だとすら思っています。
(サングラスみたいな感じ)

ブルーライトカットメガネを半年使って分かったたった1つのデメリット

実はブルーカットライトメガネにもデメリットがあります・・・。

それは・・・

たった1つのデメリット
  • 見えにくい

デメリットは

見えにくい

JINS SCREENの唯一のデメリットですが『見えにくい』です。

部屋でMac作業したりテレビを見たり(テレビは見ないけれど)する分には
まったく困りませんが

ちょっと遠くのモノが見えづらいです。

同じ度数のメガネと比べてもブルーライトカット眼鏡の方が見えにくい感じがします。

少し離れたところからテレビを見る時は(テレビは見ませんが)通常のメガネに切り替えます。

あと

夜間の自動車(クルマ、バイク、自転車)での使用はぜったいにやめましょう!

JINS公式でも夜間運転時の使用は控えるように注意喚起していますが、マジで見えません!

極端に言いますが、目をつぶって車の運転をするのと同じぐらい見えません。

他人を傷つけてしまう恐れがありますのでぜったいにやめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブルーライトカットの眼鏡は目にやさしいというだけではなく睡眠にも影響があります。

こちらの本にブルーライトが睡眠に影響することについて書かれています。


ブルーカットの話だけではなく睡眠に関するライフハックがバッチリ書かれているので実用的です。オススメです。

iPhoneやMac、PCを普段から使用している方は必須で持つべきアイテムだと思います。

そこまで高いものではないので一度JINSオンラインでチェックしてみてください!

https://www.jins.com/jp/jins-screen/

最後まで読んでいただきありがとうございました!

⇩ポチっと応援いただけるとうれしいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる